G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

「XPERIA C6(Ultra)」と思われる端末の画像がリーク。推測されるスペックは?

time 2016/04/12

xperia-c6-ultra
中国の検索エンジンBaiduが運営する掲示板上にXPERIA C6 Ultraらしきスマートフォンの画像がアップロードされていました。XPERIA C5 Ultraのように極細のベゼルと大画面が特徴です。

sponsored link

XPERIA C5 Ultraとは

xperia-c5-ultra
Xperia C5 Ultraとは自撮りに注力したXPERIAの1シリーズ「XPERIA C」の現行機種です。
特徴的なのがCシリーズとしながらもかつて販売されていた6.4インチのXPERIA Z Ultraのように大きなディスプレイを搭載しています。ディスプレイサイズは6インチとXPERIA Z Ultraよりは少し小ぶりです。

スペックは6インチフルHD画面にMTK6752 オクタコアCPU、2GBRAM、両面1300万画素カメラなどかなり充実。そのXPERIA C5 Ultraは日本で未発売なのが残念なところです。

Xperia C6 Ultraのリーク画像

xperia-c6-ultra
まず1枚目のロック画面では右上の人型のマークが表示されています。これは1つのスマートフォンを複数人で使うための機能である「マルチユーザー」機能のマーク。これはAndroid 5.0 Lolipopから追加されたもののため、搭載されているOSはAndroid 5.0以降である可能性が濃厚です。
2016年に発売される端末はAndroid 6.0が主のため、XPERIA C5 Ultraが2016年発売とするならAndroid 6.0を搭載しているでしょう。

また、端末上部に大きなカメラが搭載されているのが分かります。これはXPERIA Cシリーズの売りとしている自撮り機能のためのカメラであると推測できます。Xperia C5 Ultraの後継であるという仮説の説得力が増したといえます。

xperia-c6-ultra-01
端末前面下部の画像ではディスプレイが縁いっぱいまで広がっていることが分かります。これはXPERIA C5 Ultraの特徴である極細ベゼルと合致します。
また、2016年のフラッグシップシリーズ「XPERIA X」シリーズのXPERIA XAも極細ベゼルの筐体です。

xperia-c6-ultra-02
こちらは背面の画像。エッジが丸みを帯びています。この丸みを帯びたエッジはXPERIA Xシリーズも似た特徴を持っています。
また、[N]のマークがあるのたNFCにも対応していることが分かります。

xperia-c6-ultra-03
端末下端の画像では左からマイク、microUSBスロット、SIMスロットと思われるインターフフェース類が備えられています。

xperia-c6-ultra-04
最後の画像は電話機情報が表示された画面です。画面にはIMEIの部分がSlot2と表示されているためデュアルSIMスロットを搭載していることが分かります。
電波は4G(LTE)・3G(HSPA)・2G(GSM)に対応しています。

XPERIA C6 Ultra(XPERIA XC)の予想スペック

OS:Android 6.0 Marshmallow
ディスプレイ:6インチフルHD(1920×1080)
プロセッサ(SoC):Mediatek Helio P10
CPU:ARM Cortex-A53 2GHZ ×8
GPU:ARM Mali T860 MP2 700MHz
カメラ:メイン・フロントともに1300万画素以上
通信:LTE、HSPA、GSM
無線:Wi-Fi、Bluetooth、NFC、GPS
SIM:デュアルSIM

上記スペックはあくまで予想です。ディスプレイはC5 Ultraが6インチフルHDで、Cシリーズはフラッグシップではないのでこれより高解像度のディスプレイは搭載しないだろうと踏んで据え置きにしました。

プロセッサはMediatek Helio P10に設定しました。これはXPERIA Xシリーズの下位機種である「XPERIA XA」がHelio P10を搭載しているためです。なるべく新しく低価格のプロセッサというとこのプロセッサになります。

カメラは1300万画素以上と推測しました。これ以上の画素数のカメラが搭載される可能性もありますが、高価格帯の製品では無いので必要十分に抑える可能性を考慮しました。1300万画素も充分に高画素です。

通信などはリークから。Wi-FiやBluetooth、GPSは今のスマートフォンでは当たり前の機能なので外すということは無いでしょう。

また、勝手にXPERIA C6 Ultra(XPERIA XC)と記述しましたが、これはXPERIAがXシリーズに一新されたため、他のモデルも「X」を冠するのではないかという予想です。
従来通りのネーミングがなされる可能性もまだあります。XPERIA XCに関する続報はまた情報が入り次第、お伝えしていきます。

Source:baidu

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link