G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

無線LANルーターは何を買えばいいのか。おすすめ製品とその選び方 2016

time 2016/05/16

wireless-lan-4

スマートフォン、タブレット、ノートPC、ゲーム機と最近では無線でインターネットに接続できる様々なWi-Fi機器がどこにでも普及し、利用されています。家庭でWi-Fi機器を使うに当たり、色々な接続手段がありますが最も安定・高速といえるのが無線LANルーターです。今回はその無線LANルーターをどのように選び、そして何を買えばいいのかを解説していきます。

sponsored link

知っておきたい無線のあれこれ

無線LANルーターを買う前にある程度は知っておきたい用語がいくつかあります。本項ではそれらを予め簡単に説明します。

親機・子機

親機というのは電波を飛ばす側のことでインターネット回線が接続された無線LANルーターのこと。AP(アクセスポイント)ともいいます。
子機というのは電波を受ける側のことでスマートフォンやノートPC、ゲーム機などのことをいいます。

IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

「IEEE 802.11 a/b/g/n/ac」 という文字列を見たことは無いでしょうか。これ(IEEE 802.11)は無線LANの規格のことで、後半のアルファベットには”それぞれ”意味があります。
アルファベットは大まかに電波の周波数帯や速度などに違いがあります。知っている方もそうでない方も規格の種類と手持ちのWi-Fi機器がどの規格に対応しているかを把握しておきましょう。

b/gは2.4GHz帯、a/acは5GHz帯を使用しています。nは2.4GHzと5GHz帯を使用しています。
2.4GHz帯は比較的障害物に強いのですが、電子レンジなどと干渉して接続が不安定になることがあります。5GHz帯は電子レンジなどとの干渉はありませんが、障害物に弱いという特徴があります。

a/b/gは規格としては以前からあり、古めの製品にも搭載されています。最大速度はbが11Mbps、a/gが54Mbpsとなっています。
nは現在、最も主流の規格として普及しており対応製品も多いのが特徴です。n規格に対応しているものはb/gにも対応しています。最大速度も600Mbpsと高速です。
acは新しめの規格で、最近発売されたWi-Fi機器であれば搭載されていることも。特徴は5GHz帯を使用し、最大速度6.9Gbpsという超高速通信を行えることです。

また、これらの最大速度は規格での理論値で実際の速度(実効速度)とは異なります。実効速度は環境・端末によって変化するので理論値の半分以下の速度が出せれば上々でしょう。

b/g:ニンテンドーDSやPSP、昔のノートPCや電子辞書・PDAなど
n:2010年以降に登場したWi-Fi機器ではほぼ対応
ac:ここ数年で発売されたスマートフォン、タブレット、ノートPCなど

自分のWi-Fi機器がn規格に対応しており、5GHzが使えるかどうかはIEEE 802.11の部分を確認しましょう。「a/b/g/n」と記されていれば5GHzにも対応しています。

ビームフォーミング

ビームフォーミングは電波を特定の方向に飛ばすことができる技術でIEEE 802.11 n/acで利用できます。
nではオプションのため、使える機器とそうでない機器があります。acでは標準対応のため、どの製品でも利用ができます。
利用ができますが、ビームフォーミング機能を搭載している場合とそうでない場合があるので、利用したい場合はビームフォーミングと記載されているか確認しましょう。

家のインターネット回線を確認する

無線LANルーターを購入する前に家の回線を確認しましょう。せっかく良い無線LANルーターを購入しても回線がそれに見合ってなければ宝の持ち腐れです。

光回線の場合、回線の最大速度がどのくらいか把握しておきましょう。

100Mbps~200Mbps:一昔前の光回線の速度。こちらもまだまだ多い
1Gbps:現在主流の光回線の速度。フレッツ光ネクストやau光など
2Gbps以上:一部の光回線の速度。So-net nuro光

自宅の光回線が100Mbps~200Mbpsだった場合、1Gbps(1024Mbps)以上の製品ではなく、300Mbps程度の無線LANルーターで充分使えるでしょう。もっと快適な方が良いという場合は主流の1Gbps以上の回線に乗り換えることをおすすめします。

現在主流の1GbpsはNTTのフレッツ光を始め、多くの光回線会社で利用できます。販売されている無線LANルーターもそれに合わせられた最大伝送速度となっている製品が多いです。

2Gbps以上の回線だと、各社のハイエンド無線LANルーターの性能をほぼフルに発揮できます。現状ではSo-net nuro光でしか利用できないため、関東地方にお住まいの方で今よりも速い回線を使いたいという方には良い選択肢でしょう。(nuro 光は関東地方でしか展開されていないため)

家のインターネット回線がADSLだった場合は低価格な無線LANルーターを購入するのがおすすめです。将来のことを考えると光回線に乗り換えるのが良いでしょう。

用途

無線LANルーターを購入するにあたり、どんなWi-Fi機器をどれぐらい使うかによって機種を決めるのが良いでしょう。
例えばスマートフォンだけでハイエンドな無線LANルーターを買うと持て余しますし、たくさんのWi-Fi機器を使うのに性能が低いものを買うと不便します。
購入する時は自分の使用スタイルに合わせて機種を選ぶのがいいでしょう。

スマートフォン・タブレット

最も利用者が多いと思われる、スマートフォンやタブレットのみを使う場合はac規格に対応した無線LANルーターを購入するのがおすすめです。
最近のスマートフォンやタブレットでは新しい規格に対応していることが多く、無線LANもそれに合わせて購入するとスマートフォンなどの性能を活かすことができます。

具体的にはIEEE 802.11 ac規格とビームフォーミングに対応した無線LANルーターがいいでしょう。
最近のスマートフォンではac規格に対応しているものが出ているため、ビームフォーミングを利用することができます。
また、持っているスマートフォンなどがac規格には対応していない場合でも、今後、スマートフォンを新しく買い替えると無線の規格もac規格などに対応していると考えられるので数年スパンで考えると新しい物の方が良いです。

ノートPC

ノートPCの場合はスマートフォンよりも大容量のデータを扱うことになることが多いため、伝送速度が高い製品が良いでしょう。

また、外付けHDDを接続して簡易NASとして利用できる製品も選択肢に入ってきそうです。

ゲーム機

ゲーム機は据え置き機と携帯機がありますが、出来るなら据え置き機は有線で繋ぐのが良いでしょう。
最近の無線LANルーターでは有線LANポートが付いているものがほとんどです。
場所的に無線でしか繋げないという場合はなるべく最大速度が高いものがおすすめです。

携帯機の場合はac規格には対応している製品が無いので、ゲームをWi-Fi接続したいというだけなら高価格な製品は買う必要はありません。

また、親御さんが子供さんのために用意するという場合は子供のための安心機能が付いているが機種もおすすめです。(キッズタイマーやペアレンタルコントロール機能)

テレビ

最近ではテレビもインターネットに接続できるものが増えてきました。有線LANポートがあるものは有線で接続するのがいいですが、設置場所によっては無線で接続するしかない場合もあります。
インターネットテレビの場合、大画面でのブラウジングや動画サイトの閲覧というのが想定できるのである程度、伝送速度が高い製品がおすすめです。

複数の機器

スマートフォン、ノートPC、ゲーム機など複数の機器を使う場合はアンテナ数が複数ある製品、伝送速度が高い製品がおすすめです。
なるべくハイエンド製品が良いですが、お財布と相談して決めましょう。

住まいの広さ・設置場所

住まいの広さによっては電波が届かない所が出てくる場合があります。また、設置場所によっても届かない場所、届いても接続が不安定な場所が出てくることがあります。
そういうパターンの機種選びについて本項目では案内します。

アパート・1ルームマンション

予算にもよりますが、部屋の広さを考えるとそこまで電波が強力な製品を買う必要は無いでしょう。

2階建て・3LDKマンション・平屋

これらは設置する場所によって買う製品を決めましょう。家の中心に設置できるならある程度、電波が強力な製品を購入するのがいいでしょう。
設置場所が家の端の場合はハイエンド製品、もしくは2台の無線LANルーターを買うのがおすすめです。

3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋

空間的に広いため、電波が強力なハイエンド製品がおすすめです。
また、これらの家屋で設置場所が端の場合はハイエンド製品を1台買うというよりもその予算で中程度の製品を2台買うことをおすすめします。

電波が届かない場合に勧めたい2台使い

アンテナが多く付いたもの、ビームフォーミング対応機器、強力な電波をうたう製品がありますが、物理的に距離があり、電波が届かない・不安定な場合は無線LANルーターを2台以上使って中継するのがおすすめです。

なぜかというと1台の無線LANルーターでは電波の出力に限界あり、いくら強力といっても距離的に電波が届かない場合があります。

その場合にインターネット回線に接続された無線LANルーターに加えもう一つ、子機として無線LANルーターを用意します。
それを中継機として利用することで1台では届かなかった場所にも電波を届けることができます。

では、子機として何を買えばいいのかということですが、なるべくならば親機と同じものが良いです。
ただ、その製品が中継機能に対応していない場合は同じメーカーの無線LANルーターの子機を使いましょう。

なぜ同じ製品・メーカーが良いのかというと、相性問題があります。同じメーカーならば製品同士でテストをした上で販売しているため上手く中継できます。
異なるメーカーの場合、そもそもテストがされていない場合が多いため、中継・子機機能を謳っていても接続が出来ない場合があります。

また、接続が上手くいかなかったり、製品に不具合が出た場合も親機と中継機でメーカーが異なるとサポート側も問題の対処が難しいという問題もあります。

それらの問題を考慮すると、親機と中継機のメーカーは揃えるのが無難です。
メーカーによっては初めから親機と中継機がセットになった商品も販売されています。

価格別のおすすめ製品

こちらではおすすめな製品を各価格帯でいくつかピックアップします。自分の予算・ニーズにあった製品を購入していきましょう。

5000円以下

とりあえず無線LANルーターを用意したい人にはこちらの価格帯

・エレコム WRH-300XX2-Sシリーズ

ELECOM WiFi 無線LANルーター ホテル用 11n/g/b 300Mbps コンパクト ブラック WRH-300BK2-S
エレコム (2014-09-12)
売り上げランキング: 3,782

1000円台で購入できるなど、とにかく安さが特徴。自宅にメインの無線LANルーターがあるという場合も、出先用のアクセスポイントとして購入するのもアリです。BKとWHとありますがこれは色が違うだけです。

こういう人にオススメ:スマホや携帯ゲーム機をとりあえず繋げたいという人。無線LANを試してみたい人。
住まい・予定設置場所:アパートや1ルームマンション
推奨回線:ADSL・光回線

・NEC Aterm WF300HP2

NECパーソナルコンピュータ AtermWF300HP2 PA-WF300HP2
NEC (2014-05-22)
売り上げランキング: 4,225

3000円台で購入可能な無線LANルーター。有線LANは100Mbps、無線LANは300Mbps、IEEE 802.11 b/g/n に対応と低価格ながら基本機能を抑えた一台。こども安心ネットタイマーというWi-Fi接続できる時間帯を制限できる機能を搭載しているので、子供のゲーム機やスマホ・タブレット用に無線LANルーターを購入したいという親御さんにおすすめ。

こういう人にオススメ:低価格でしっかりした無線LANルーターが欲しい人。子供のゲームやスマホ用にとりあえず無線LANを用意したい人。
住まい・予定設置場所:1ルームの端、自宅が2階建て・3LDKマンション・平屋の中央
推奨回線:100Mbps以上の光回線

・IO-DATA WN-AC1167GR

I-O DATA 11ac/n/a/g/b 対応 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) 867Mbps WN-AC1167GR
アイ・オー・データ (2014-10-30)
売り上げランキング: 507

有線回線は1Gbps、無線LAN速度は867Mbps、IEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応。NFCやQRコードを読み取るだけで簡単に設定できるのが特徴。最新スマートフォンからPC・ゲーム機の接続まで、5000円以下で定番のスペックを抑えた製品です。

こういう人にオススメ:コストパフォーマンスを重視したい人。最近のスマートフォンやタブレットを使っている人。ゲーム機やノートPCなど複数の製品を繋げたい人。
住まい・予定設置場所:2階建て・3LDKマンション・平屋の端、3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋の中央
推奨回線:200Mbps以上の光回線

5000円以上~1万円以下

この価格帯はコストパフォーマンスを重視したいという人に向いています。

・バッファロー AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP2

5000円台でac規格とビームフォーミングに対応した無線LANルーター。有線回線は100Mbpsまでしか対応していませんが、無線は最大速度が833Mbpsとなっているため、1Gbps以上の回線を接続して利用することが可能です。

こういう人にオススメ:最近のスマートフォンやタブレットを使っている人。ビームフォーミング対応製品が欲しい人。
住まい・予定設置場所:2階建て・3LDKマンション・平屋の中央
推奨回線:200Mbps以上の光回線

・バッファロー AirStation HighPower Giga WSR-1166DHP2

こちらはWHR-1166DHP2とよく似た名前の製品で基本機能は同じですが、アンテナ数が2本から4本になり、有線が1Gbpsにも対応している製品。さらにDLNAに対応し、レコーダーに録画された番組をネットワーク再生することが可能です。

こういう人にオススメ:最近のスマートフォンやタブレットを使っている人。ビームフォーミング対応製品が欲しい人。DLNA機器を利用している人。ゲーム機やノートPCなど複数の製品を繋げたい人。
住まい・予定設置場所:2階建て・3LDKマンション・平屋(中央から端)
推奨回線:1Gbps以上の光回線

・NEC Aterm WG1200HP

コンパクトで最大消費電力8.4Wと省電力な無線LANルーターです。有線1Gbps対応、無線速度867Mbps、ac規格・ビームフォーミングに対応。アンテナ数は4本。TVモード、こども安心タイマー、Wi-Fi高速中継など機能が充実しているのが特徴です。NFCやQRコードを読み取るだけで簡単に設定できます。

こういう人にオススメ:最近のスマートフォンやタブレットを使っている人。ビームフォーミング対応製品が欲しい人。ゲーム機やノートPCなど複数の製品を繋げたい人。
住まい・予定設置場所:2階建て・3LDKマンション・平屋の端、3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋の中央
推奨回線:1Gbps以上の光回線

・ASUS RT-AC1200HP

ASUSTek 11a/b/g/n/ac対応 867+300Mbps無線ルーター RT-AC1200HP
Asustek (2015-09-11)
売り上げランキング: 567

特徴的なデザインの無線LANルーター。有線1Gbps、無線速度867Mbps、ac規格に対応。アンテナ数は2本。簡易NAS機能や2つの回線を引いて別々に利用できるなど、同価格帯では珍しい機能を利用できます。

こういう人にオススメ:最近のスマートフォンやタブレットを使っている人。ゲーム機やノートPCなど複数の製品を繋げたい人。簡易NAS機能を利用したい人。
住まい・予定設置場所:2階建て・3LDKマンション・平屋の中央
推奨回線:1Gbps以上の光回線

1万円以上~1万5千円以下

少しでも良い製品が欲しいという場合はこの価格帯。
推奨回線:1Gbps以上の光回線

・NEC Aterm WG1800HP2

NEC WiFi 無線LAN ルーター 親機 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps 3LDK 3階建 Aterm WG1800HP2
NEC (2014-10-09)
売り上げランキング: 306

1万5千円以下ではNECの最上位無線LANルーターです。ac規格対応、無線最大速度1300Mbps/450Mbps(ac/n)。アンテナ数は6本。NFCやQRコードでの簡単設定。こども安心タイマーや悪質サイトブロックと家族に安心な機能も搭載。ac規格に対応していますがビームフォーミングには対応していません。

こういう人にオススメ:最近のスマートフォンやタブレットを使っている人。ゲーム機やノートPCなど複数の製品を繋げたい人。家族全員をカバーできる製品が欲しい人。
住まい・予定設置場所:3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋(中央から端)

・NEC Aterm WG1200HP イーサネットコンバータセット

NEC AtermWG1200HPイーサネットコンバータセット
NEC (2015-01-22)
売り上げランキング: 14,466

1万円以下で紹介したWG1200HPが2つセットになった製品。片方を親機に、もう片方を中継子機として利用することで電波の届かない場所もカバーします。同じ機種のため、相性問題も無く利用できるのがメリットです。

こういう人にオススメ:最近のスマートフォンやタブレットを使っている人。ゲーム機やノートPCなど複数の製品を繋げたい人。家族全員をカバーできる製品が欲しい人。自宅の隅々で電波を受信したい人。
住まい・予定設置場所:3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋の端

・バッファロー AirStation HighPower Giga WXR-1750DHP

BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps エアステーション ハイパワー Giga WXR-1750DHP
バッファロー (2015-08-25)
売り上げランキング: 474

3つの大型アンテナが特徴的なバッファロー製の無線LANルーターです。ビームフォーミング・ac規格対応、無線最大速度1300Mbps/450Mbps(ac/n)。アンテナ数は3本。簡易NAS機能やペアレンタルコントロールにも対応しています。

こういう人にオススメ:最近のスマートフォンやタブレットを使っている人。ビームフォーミング対応製品が欲しい人。ゲーム機やノートPCなど複数の製品を繋げたい人。簡易NAS機能を利用したい人。家族全員をカバーできる製品が欲しい人。
住まい・予定設置場所:2階建て・3LDKマンション・平屋の端、3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋の中央

・バッファロー AirStation HighPower Giga WXR-1900DHP

HighPower Giga WXR-1750DHPより2千円ほど高い上位製品です。ビームフォーミング・ac規格対応、無線最大速度1300Mbps/600Mbps(ac/n)。アンテナ数は3本。簡易NAS機能だけではなく、USB DACを接続してワイヤレスで音楽再生をすることも可能です。

こういう人にオススメ:最近のスマートフォンやタブレットを使っている人。ビームフォーミング対応製品が欲しい人。ゲーム機やノートPCなど複数の製品を繋げたい人。簡易NAS機能を利用したい人。家族全員をカバーできる製品が欲しい人。
住まい・予定設置場所:2階建て・3LDKマンション・平屋の端、3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋の中央

1万円5千円以上~2万円以下

この辺りになると手持ちの無線LANルーターのグレードアップという人が多いでしょうか。
推奨回線:1Gbps以上の光回線

・ASUS RT-AC68U

ASUSTek 11a/b/g/n/ac対応 1300+600Mbps無線ルーター Aiprotection powered by Trendmicro RT-AC68U
Asustek (2013-11-16)
売り上げランキング: 1,282

3つの大型アンテナが付いたASUS製の無線LANルーターです。ビームフォーミング・ac規格対応、無線最大速度1300Mbps/600Mbps(ac/n)。アンテナ数は3本。800MHzのデュアルコアCPUを搭載しているため内部の処理が高速です。接続機器を狙い撃つAi Radar機能というのがあるのですが、これはビームフォーミングに独自の名称をつけたものです。簡易NAS機能が使え、USBポートが2つあります。その内の一つは高速通信が可能なUSB 3.0となっています。

こういう人にオススメ:最近のスマートフォンやタブレットを使っている人。多くのWi-Fi機器を接続したい人。高速に簡易NAS機能を利用したい人。
住まい・予定設置場所:2階建て・3LDKマンション・平屋の端、3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋の中央

・エレコム WRC-2533GHBK-I

エレコム 11ac対応 無線LANルーター 親機(1733+800Mbps) WRC-2533GHBK-I
エレコム
売り上げランキング: 88,202

ビームフォーミング・ac規格対応、無線最大速度1733Mbps/800Mbps(ac/n)。アンテナ数は8本。ハードウェアNATを搭載しているので、光回線の高いスループットを維持したままWi-Fi接続することができます。また、この製品はダイナミックDNSが無料で利用でき、自宅サーバーやWEBカメラを外部に簡単に公開することができます。

こういう人にオススメ:最新のスマートフォンやタブレットを使う人。多くのWi-Fi機器を接続したい人。ダイナミックDNSを利用したい人。
住まい・予定設置場所:3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋(中央から端)

・NEC Aterm WG2600HP

NEC Aterm WG2600HP 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯) 同時利用タイプ 1733+800Mbps PA-WG2600HP
NEC (2015-05-14)
売り上げランキング: 578

2016年5月現在におけるNECのフラッグシップ製品です。ビームフォーミング・ac規格対応、無線最大速度1733Mbps/800Mbps(ac/n)。アンテナ数は11本。本体にはデュアルコアCPUと無線用CPUを2基の計3つのCPUを搭載し、内部の処理が従来製品よりもかなり高速になっています。また、MU-MIMOに対応したことで複数のWi-Fi機器と同時通信することが可能になりました。

こういう人にオススメ:最新のスマートフォンやタブレットを使う人。多くのWi-Fi機器を同時に接続したい人。高速に簡易NASを利用したい人。
住まい・予定設置場所:3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋(中央から端)

・NETGEAR Nighthawk X4 R7500

4つの大型アンテナが特徴的なNETGEAR製の無線LANルーターです。MU-MIMO、ビームフォーミング、ac規格対応。無線最大速度1733Mbps/600Mbps(ac/n)。アンテナ数は4本。1.4GHzのデュアルコアCPUを搭載しているため内部の処理が高速です。USB 3.0ポートを2基、eSATAポートを1基搭載し、簡易NASとして利用するにもかなり充実した仕様です。最大3年間の長期保証もあります。

こういう人にオススメ:最新のスマートフォンやタブレットを使う人。多くのWi-Fi機器を同時に接続したい人。高速に簡易NASを利用したい人。安心の長期保証が欲しい人。
住まい・予定設置場所:3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋(中央から端)

2万円以上

とにかく良い製品が欲しい、知識はばっちり、自宅が広いという人達のための価格帯です。

推奨回線:1Gbps~10Gbps
住まい・予定設置場所:3階建て・4LDKマンション・離れ付き平屋の端、4階建て・5LDKマンション、離れ付き2階建て

・バッファロー WXR-2533DHP2

2016年5月現在におけるバッファローのフラッグシップ無線LANルーターです。MU-MIMO・ビームフォーミング対応、無線最大速度1733Mbps/800Mbps(ac/n)。アンテナ数は4本。1.4GHzのデュアルコアCPUと無線用CPU×2を搭載しており、内部の処理がかなり高速です。USB 3.0ポートを搭載し、簡易NAS機能を利用できます。来客にもセキュアなWi-Fiを提供するゲストポート機能を搭載、インターネットに接続しながらも、家庭内ネットワークへの接続は許可しません。

こういう人にオススメ:最新のスマートフォンやタブレットを使う人。多くのWi-Fi機器を同時に接続したい人。高速に簡易NASを利用したい人。2万円前後で最高クラスの無線LANルーターが欲しい人。

・ASRock G10 Gaming Router

ASRock G10 Gaming router 多機能ゲーミングルーター NT813 G10
ASROCK (2015-11-14)
売り上げランキング: 63,428

Asrockが送り出したゲーミング無線LANルーターです。MU-MIMO・ビームフォーミング対応、無線最大速度1733Mbps/800Mbps(ac/n)。アンテナ数は8本。USB 3.0ポートを2つ搭載し、簡易NAS機能を利用できます。ゲーミングブーストというゲームアプリケーション向けに帯域を確保する機能が搭載されています。その他に自動的に再起動するセルフヒーリング機能、家の赤外線機器をアプリ経由で制御する学習リモコン機能などがあるなどハイスペックであるだけでなく個性的な製品です。また、Chromecastが使えるHDMIドングルが無料で付いてきます。

こういう人にオススメ:最新のスマートフォンやタブレットを使う人。多くのWi-Fi機器を同時に接続したい人。高速に簡易NASを利用したい人。2万円前後で最高クラスの無線LANルーターが欲しい人。一風変わった無線LANルーターが欲しい人。

・NEC Aterm WG2200HP イーサネットコンバータセット

2万円以下で紹介したWG2600HPの下位派生機種「WG2200HP」を2つセットにした製品。WG2200HPは、MU-MIMO、ビームフォーミング対応、無線最大速度1733Mbps/450Mbps(ac/n)。アンテナ数は7本。簡易NAS機能はありますが、USB 2.0ポートです。片方を親機に、もう片方を中継機として利用することで電波の届かない場所もカバーします。同じ機種のため、相性問題も無く利用できるのがメリットです。
単純にWG2600HPは中継機能が無いため、WG2200HPのセットを紹介という形になりました。

こういう人にオススメ:最新のスマートフォンやタブレットを使う人。多くのWi-Fi機器を同時に接続したい人。安定して電波の届く距離を稼ぎたい人。

・ASUS RT-AC88U

2016年5月現在のASUS製フラッグシップ無線LANルーターです。MU-MIMO・ビームフォーミング対応、無線最大速度2167Mbps/1000Mbps(ac/n)。アンテナ数は4本。1.4GHzのデュアルコアCPUを搭載しており、内部の処理が高速です。USBポートは2つ搭載(内1つが3.0)し、簡易NAS機能が利用できます。また、LANポートを8つ搭載しており、多くの有線機器を接続できます。
acでは2Gbps、nでは1Gbps以上の超高速伝送速度が自慢です。それだけではなく、ゲーム向けの機能も充実しているのが本製品。RT-AC88Uと接続先との通信経路を最適化し、タイムラグとパケットロスを最小限にする「WTFast」機能を搭載、ネットワークゲームのping値を最高30~60%低くすることができるとのことです。また、ネットワークゲームの通信優先度を高める「Adaptive QoS」機能も搭載しています。

こういう人にオススメ:最新のスマートフォンやタブレットを使う人。多くのWi-Fi機器を同時に接続したい人。PCや家庭用ゲーム機でオンラインゲームをする人。

・NETGEAR Nighthawk X8 R8500

NETGEAR WiFi 無線LAN ルーター 親機 11ac/a/b/g/n 2166+2166+1000Mbps 2.4GHz/5GHz/5GHz 3年保証 Nighthawk X8 R8500-100JPS
ネットギア (2016-05-18)
売り上げランキング: 3,822

2016年5月現在のNETGEAR製フラッグシップ無線LANルーターです。従来のNighthawkシリーズより落ち着いたデザインが特徴です。MU-MIMO・ビームフォーミング対応、無線最大速度2167Mbps/1000Mbps(ac/n)。アンテナ数は8本。1.4GHzのデュアルコアCPUを搭載しており、内部の処理が高速です。USBポートは2つ搭載(内1つが3.0)し、簡易NAS機能が利用できます。また、LANポートは6つ搭載していますが、その内の2つは1つのポートにみなして高速通信するリンク・アグリゲーション用途に使うことができ、NASの接続などに向いています。
acでは2Gbps、nでは1Gbps以上の超高速伝送速度が自慢の製品ですが、通常の2.4GHz+5GHzという2系統の通信帯域に5GHz帯を更に加えたトライバンド通信が可能となっています。通常よりも1系統分5GHz帯が多いので複数の無線LAN機器を同時に接続しても混雑しない特徴があります。
また、X8 R8500はDynamic QoSという機能によりアプリケーションや機器を識別し、 自動的に優先度を割り当てます。 これにより家族が大容量のファイルをダウンロードしていても、 ゲームやストリーミングなど遅延に敏感なアプリケーションを自動的に優先します。

こういう人にオススメ:最新のスマートフォンやタブレットを使う人。多くのWi-Fi機器を同時に接続したい人。PCや家庭用ゲーム機でオンラインゲームをする人。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link