Google、Windows XP用Chromeのアップデートを2015年末まで提供することを決定

2015-04-20Chrome, Windows XP

chrome
bloggerのChrome Team公式ブログにて、Windows XP用Google Chromeのアップデートの提供期間を2015年末まで延長したことを決定しました。

スポンサーリンク

MicrosoftのWindows XPへのサポートは既に終了したが

windows-xp-logo
Windows XPは2014年8月にマイクロソフトからのサポートが終了しています。

そのため、OSへの機能追加のアップデートはもちろんのこと修正パッチなどの提供もされず、PCの脆弱性を抱えたままとなります。

本来ならばOSをWindows 7やWindows 8.1にアップグレードしてマイクロソフトのサポートを受けるべきでしょう。

しかし、以前としてXPユーザーは多く、Windowsユーザー全体のおよそ20%がWindows XPを利用しているのが現状です。

そのような事情もあり、XP用Google Chromeのサポートを延長。2015年末まではアップデートを提供することを決定しました。

Chrome TeamはサポートされてないOSにおいても、可能な限り安全なブラウザを使用できるオプションを用意する必要があると考えているようです。

Google Chromeは、最新のウェブ環境に対応した高速、シンプル、安全なウェブブラウザとしておりセキュリティ面における自信を伺えます。

今回はGoogleの計らいでアップデートが延長されたWindowsXP用Chromeですが、いつまでも続くわけではありません。
これはChromeだけでなく、ほかのソフトウェアアプリケーションにおいてもそうです。

Windows XPをお使いの方は、早期のOSアップグレードを推奨します。

source:Google Chrome blog

スポンサーリンク