G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

VAIO、13.3インチCorei7のモンスターPC「VAIO Z」発表!タブレットPCのVAIO Z Canvasも商品化へ

time 2015/02/16

vaio-z-logo

VAIO株式会社はVAIOがSONYから独立して初となる「VAIO Z」を発表しました。合わせてタブレットPCの「VAIO Z Canvas」も発表されています。

新しいVAIO Zはマルチフリップ機構を持ち、タブレットPCライクにも使えるノートPCです。
このようなタイプのノートPCは以前も「VAIO Fit」として発表していましたが、この「VAIO Z」ではどう変わっているのでしょうか。

sponsored link

スペックおよび機能

v-z_spec

VAIO Z VJZ13Aは13.3インチのタッチ対応ディスプレイ。2560×1440ドット、sRGB100%の高精細なディスプレイです。
CPUはTDP28WのIntel第5世代Coreプロセッサを搭載、高速レスポンスと消費電力の両立を謳っています。

またIntel Iris Graphics(第五世代Intel Coreプロセッサ内蔵GPU)で専用GPUに匹敵し、動画編集など重い負荷がかかるシーンでも快適に作業を行うことができるとしています。

またcTDP機能でパフォーマンスモードとサイレントモードの切り替えができるなどTPOによった使い方ができます。

このcTDP機能を支えるのが非対称に配置されたデュアルファンシステムです。パフォーマンスモードでも熱を抑え、サイレントモードでは高い静粛性を実現します。

またVAIO Zではおなじみの高速なストレージはもちろん今回も備わっています。
PCIE接続を利用した第二世代HighSpeedSSDでHDDの16.5倍、SATA接続のSSDの3.3倍の転送速度を実現しました。

メインメモリは最大16GBまで選択可能で、大容量データを扱うクリエイティブな作業にもレスポンスを損なわないように配慮されています。

 

素材とユーザビリティ

v-z_mt

パームレストと天板にはアルミニウムを採用、それ以外のメインフレームは軽さと剛性を維持するためにUDカーボンで構成されています。

キーボードは打鍵感だけでなく打鍵音まで研究。日本人の嗜好に合わせて作り込み、ノイズの低減に成功したとしています。

マルチフリップ機構を採用し、タブレットPCとしても使えるVAIO Zですが手書き入力にも注力。
221dpiのディスプレイにはペン先の触れた位置と、実際に線が描画される位置を正確に一致させるために、液晶パネルとカバーガラスの間に特殊な光学樹脂を充填。
さらに、書き味のカスタマイズ機能を備え、紙に迫る描画感覚としています。

バッテリー持続時間は15時間。ACアダプターを持たずに丸一日外出し、電池残量を気にせず使えるとしています。

 

VAIO Z Canvas

vaioz_canvas

「VAIO Prototype Tablet PC」として開発途中から一般公開されていたタブレットタイプのPCが商品化されたのが「VAIO Z Canvas」です。

2560×1704ドットの12.3型ディスプレイ、Intel Core i7(クアッドコア)。
メモリは16GB、HighSpeedSSDは1TBまで搭載可能としたもう1つのモンスターPCです。

こちらはタブレットタイプで、既存の製品でいうとVAIO Tapシリーズからの系譜です。
タブレット側はスタンドを備えており、自立可能。

バッテリー駆動時間、本体重量、専用ワイヤレスキーボードが付属するかなどは未定です。

 

価格・発売時期

「VAIO Z VJZ13A」は189,800円+税からですでにソニーストアで注文が始まっています。
公式にモンスターPCと宣伝するだけあって価格もモンスター級です。

「VAIO Z Canvas」はWindows 8.1 Pro Update/Core™ i7/8GB Memory/256GB SSDの基本構成で、20万円台後半から。
こちらは5月発売予定としています。

Source:VAIO

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link