G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

真打ち登場。VAIO、Windows 10 mobileスマートフォン 「VAIO Phone Biz」発表!

time 2016/02/04

vaio-phone-biz-00
株式会社VAIOは自社開発したWindows 10 mobileスマートフォン「VAIO Phone Biz」を発表しました。どうやら今度のVAIO Phoneは以前のVAIO Phoneとは一味違うようです。

sponsored link

デザイン

vaio-phone-biz-01
日本通信が販売した「VAIO Phone VA-10J(以下VA-10J)」とまず大きく違うのがデザインです。
VA-10JもVAIOがデザインの監修をしていますが、全体的にプラスティッキーでとても高級感のある製品とはいえませんでした。

VAIO Phone Bizでは端末のボディにメタル素材が使われています。AppleのiPhone6sやGoogleのNexus 6Pなど時代の先端を行くスマートフォンにはメタル素材が使われており、VAIO Phone Bizもそれらと比較しても見劣りしないデザインになっていると言えます。
vaio-phone-biz-notepc
また、VAIOは自社製のノートPCに金属素材を多様しており、その流れも汲んでいるといえるでしょう。
特にSONYから切り離されて以降のVAIO製PCのデザインに近いです。

vaio-phone-biz-side
サイズ(縦×横×厚み)は156.1×77.0×8.3(mm)。重量は約167 gとなっています。
5.5インチと大きめのディスプレイを搭載し、外装に金属素材を採用していますが8.3mmと薄型の端末になっています。

カラーはシルバーのみとなっています。Windows 10 Mobileはビジネス用途を意識している製品が多いこともあり、カラーラインナップはビジネスシーンでも目立たないような

スペック

vaio-phone-biz-front
5.5インチディスプレイはフルHD(1920×1080)のIPS液晶となっています。
これは国内のWindows 10 mobile端末の中では最も高解像度な部類になります。(2016年1月時点)

プロセッサにはQualcomm製のSnapdragon617を採用。オクタコアCPU(1.5GHz×4+1.2GHz×4)を内蔵しています

メモリ(RAM)は3GB、本体容量は16GBとなっています。また最大64GBのmicroSDに対応しています。
3GBRAMを搭載するのはWindows 10 mobile搭載機では上位になります。

バッテリー容量は2800mAh。待受・通話時間や充電時間は計測中のとことです。

無線はLTE(B:1,3,8,19,21)、3G(B:1,6,8,11,19)、Wi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac )、Bluetooth 4.0、GPSに対応しています。
LTE-Advancedによって最大225Mbpsでの受信速度に対応しています。

カメラはメインが1300万画素、前面に500万画素のCMOSセンサーを搭載しています。

インターフェイスはmicroSIM×1、microSD×1、microUSB 2.0×1、ステレオミニ×1を備えています。

機能

vaio-phone-biz-win
VAIO Phone BizはOSにWindows 10 mobileを搭載しています。
日本通信版のVAIO Phone VA-10JではAndroid 5.0がインストールされていました。

Windows 10 mobileを搭載することでビジネスでよく利用される、Officeやskypeなどのアプリケーションとの親和性が高いことがメリットです。
PCで使っていたMicrosoft製のアプリケーションがスマートフォンでも利用できるというのはかなり大きな点といえます。

vaio-phone-biz-continuum
また、VAIO Phone BizではWindows 10から新たに搭載された新機能「Continuum」に対応しています。

ContinuumとはWindows 10 Mobileをディスプレイに接続してあたかも据え置きのPCとして利用できる機能のことです。

VAIO Phone Bizの搭載SoCである「Snapdragon 617」では本来、Continuumには対応していません。(公式ではSnapdragon808以上)これにはVAIO側がMicrosoft社に検証機材を提供するなどし、働きかけて正式なサポートが実現したようです。
このようなエピソードとしてはVAIO Phone Bizと近しいスペックのWindows 10 mobile スマートフォン「NuAs Neo」でもありました。

Windows 10の目玉機能の一つでもあるContinuumに関してはハードウェアメーカーとしては対応させたいという思いがあることが分かります。

価格・発売日

VAIO Phone Bizの価格は5万円台前半としており、詳細なものは未発表です。
4月にVAIOの公式ストアで先行的に販売される模様です。

VAIOでは発売前に情報の案内を行うメールマガジンの登録も受付中です。

上述した仕様からはミドルレンジ~ミッドハイに位置する端末に仕上がった「VAIO Phone Biz」。今まで国内で発表されたWindows 10 Mobile スマートフォンの中では最もスペックが高いものといえます。

直接的に競合しそうなのがG-ジェットでも取り上げた「NuAs Neo」です。VAIO Phone BizはNuas NEOよりもディスプレイの解像度や、RAMの量が大きいなどスペックでは上回っています。
どちらを購入するかはそのスペックに見合った価格次第といえるでしょうか。

VAIO Phone Bizの登場によってこれからWindows 10 Mobileスマートフォンの盛り上がりに期待の湧きますね。
VAIO Phone Bizの詳細な価格や発売日などは続報が入り次第、お伝え致します。

source:VAIO

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link