URBANO V02発表。URBANO V01をより薄型化した廉価モデル。

au, URBANO, URBANO V02, 京セラ

URBANO-v02
URBANO V02はauから発表されたURBANOシリーズの最新作です。メーカーは京セラ。

スポンサーリンク

URBANOとは?

URBANO-logo
URBANOシリーズは画面の見やすさ、話しやすさ、使いやすさやデザインに重点が置かれている端末。フィーチャーフォンやスマートフォンの両方にURBANOブランドの端末があります。

開発を最初に担当したのはシャープですが、ソニーに交代し、現在ではDIGNOやTORQUEなどの機種を出している京セラが開発を担当しています。

ちなみにURBANOとはイタリア語で都会を意味する単語のようです。

URBANO V02はV01よりも薄型化

URBANO-v02-Color
URBANO V02は前機種のV01から薄型化。最薄部は8.2mmとなっています。

ディスプレイは5.0インチHD(1280×720)となっています。

TORQUEなどを開発する京セラ製なだけあり、防水防塵で、ディスプレイには強化ガラスのDragontrail Xが使われています。

VoLTE対応のURBANOのとしてはV01から続いて2機種目です。
通話をサポートする技術としてディスプレイを振動させて音を伝達するスマートソニックレシーバーが搭載されています。

プロセッサにはMSM8928 1.4GHzクアッドコア、メモリー(RAM)は2GBとなっています。

本体容量は16GB、microSDで最大128GBまで拡張することができます。

電池容量は2200mAhとなっています。

全体的なスペックは前モデルのV01よりも低いので低価格な廉価モデルと思われます。