G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Twitter、140文字制限を一部緩和。返信や引用、画像URLなどが字数制限の対象外へ

time 2016/05/24

twitter-140-char-unlock
Twitterが以前から噂されていた140文字制限を一部緩和することを正式に発表しました。140文字の文章を投稿するシンプルなSNSだったTwitterですが、最近では画像や動画なども投稿できるようになり、140文字制限では不便という声が背景にあったのだと考えられます。

sponsored link

140文字制限の対象外となるツイート

返信:誰かのツイートへの返信の際、ツイート冒頭に表示されていた@ユーザー名が文字数としてカウントされなくなります。よって、140文字すべてを自由に使ってメッセージを伝えられるようになります。

これはユーザーIDが長い人とやり取りする人にとっては朗報かもしれません。そもそも長いIDにする意味がわかりませんが。

添付:写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイート分なども140文字の中に含まれなくなるので、そのぶんテキストを入れられるようになります。

これは改善点でしょう。URLなどはそもそも文章ではないため元から140字の範囲というのもおかしな話でした。


自分のツイートのリツイートや引用
:自分のツイートにもリツイートボタンを表示します。これで、自分のツイートのリツイートや引用も簡単に行えるようになります。

自分のツイートをリツイートするというのは変な行為かもしれませんが、宣伝したい時に再投稿せずにリツイートで済むというのはメリットかもしれません。コピー&ペーストとどれだけ時間的に違うのかは疑問です。

「.@ユーザー名」ツイート:誰かに宛てたツイートを他の人にも見て欲しい時、@ユーザー名の前に「.」をつけるなどしていた人もいるかと思います。今後は「.」を入れる必要なく、@ユーザー名で始まるツイートは普通のツイートと同じように自分のフォロワーの方々に表示されるようになります。

これはどういうことなのかというと、@から始まるツイートがリプライを送ったユーザーをフォローしているフォロワー以外にも公開されるということです。

しかし、普段のリプライが全て公開されるわけではなく、ツイートに対する返信ではなく@を付けただけのツイートがフォロワー全体に公開されるようです。

なぜこのタイミングなのかは分かりかねますが、お気に入りがいいねになったりとユーザーにとってメリットがあるのか無いのか不明なアップデートが多いTwitter。マネタイズも大変なのでしょうが、今後はユーザーが真に望むアップデートを期待したいところです。

source:https://blog.twitter.com/ja/2016/0524b140

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link