G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Microsoft、”究極”を謳う2in1ノートPC「Surface BOOK」を発表。i7、GeForce、RAM16GBを搭載

time 2015/10/11

Microsoftは同社として初となるノートPC「Surface BOOK」を発表しました。

sponsored link

デザイン

surface-book-01
Surface BOOKで目立つのが蛇腹のようになったヒンジ(接合部)です。
surface-book-hinge
なぜこのような特徴的なヒンジをしているのかというと、Surface BOOKのディスプレイ部が取り外すことができるからなのです。
surface-book-02
取り外して、単体のタブレットとして利用可能なのがこのSurface BOOKです。
キーボードを取り付けたままタブレットとしても使えます。表裏関係なく取り付けられます。

挿す面を変えればノートPCにもタブレットにもなるのは2in1デバイスとして新しい提案です。
そんなSurface BOOKをMicrosoftは「ラップトップ(ノートPC)を再定義する」としています。
Surface-book-03
タブレットとして使えるディスプレイは13.5インチで解像度は3000×2000。4Kにも迫るかなりの高解像度ディスプレイを搭載しています。

サイズ(幅×奥行き×厚さ)は312.3mm x 232.1mm x 13.0 – 22.8mm。厚みに幅があるのはキーボードを取り付けた時に厚みが増すからです。
重さはキーボードを取り付けた状態で1516g。普通のノートPCと同じ

スペック

Surface-book-05
変態的なギミックだけではないのがSurface BOOKです。
公式に究極性能を謳うSurface BOOKはそれに見合うだけのスペックを備えています。
surface-book-06
搭載されているCPUは第6世代のIntel Core i7またはi5。第6世代のIntel CoreはSkylakeと呼ばれ、製造プロセスが14nmに微細化しているので処理能力の向上や消費電力の低下に期待できます。

実はSurface BOOKのキーボード部にはNVIDIA Geforce GPUが内蔵されており、キーボードとしてではなく外付けGPUとしても利用できるようになっています。
surface-book-gpu
メモリ(RAM)は8GBまたは16GB。本体容量は128GB/256GB/512GB/1TBのSSDがストレージとして採用されています。Surface Pro4と同じラインナップです。

無線はWi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応しています。
Surface-book-04
カメラは前面500万画素、背面800万画素となっています。

USB 3.0ポートおよびSDカードスロット

USB 3.0ポートおよびSDカードスロット


インターフェースとしてはUSB 3.0を2ポート、SDカードスロット、イヤホンジャック、Mini DisplayPortを備えています。

価格・発売日

価格はモデルごとに異なっており、最安となるCore i5/8GBRAM/SSD128GBモデルでも1499ドル(約18万0000円)から。

CPU メモリ(RAM) 本体容量 価格
Core i5 8GB 128GB $1499(約18万0000円)
Core i5 8GB 256GB $1699(約20万4000円)
Core i5 8GB 256GB $1899(約22万8000円)
Core i7 8GB 256GB $2099(約25万2000円)
Core i7 16GB 512GB $2699(約32万4000円)

記事執筆時点(2015年10月現在)ではSurface BOOKは予約段階となっています。日本では未定、情報が入り次第、お伝えいたします。

source:

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link