G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Square、Bluetooth LEで接続する新型リーダーを米国で提供開始。

time 2015/11/24

今度のSquareは無線で簡単決済!

モバイルPOSレジサービス「Square」を提供するSquare Incは、本日、Googleが5月に発表したAndroid PayとICカードに対応した新型のリーダーを米国国内で提供開始した事を発表しました。

sponsored link

旧タイプのSquareリーダーについておさらい

さて、日本国内では恐らくSquareについて知っている人は、ほんの僅かだと思いますので、Squareについて紹介します。

SquareReaderHero

Squareリーダーは、iPhoneやiPad、Androidスマートフォンのイヤホンプラグに差し込んで使う珍しいタイプの周辺機器です。

SquareReader

決済の方法は、POSレジなどで見かけるシステムと同様に、画面上部の読み取り部にクレジットカードを読みこませるだけ。

専用のアプリがAndroid、iOS向けに提供されており、専用のアプリからは在庫管理、決済、レシート発行、レポート作成などが行えます。

ちなみに、外部アプリも用意されており、クラウド会計ソフトのfreeeやWeb卸入れ・仕入れ作業ソフトのSuper Deliveryなどが使えます。

使えるカードは、VISA、MasterCard、American Expressなどですが、現金での決済にも対応しています。また、最近クレジットICカードにも対応しました。

イヤホンプラグからワイヤレスに!

Square2Hero

今回の新型Squareリーダーの最大の特徴はiPhoneやAndroidスマートフォンのイヤホンプラグに差し込んで使うタイプからBluetooth LEでワイヤレスで接続するタイプに変更され、簡単に使えるようになりました。

外部決済サービスとの連携も

android_pay_logo_rgb_fc_light (1)

新しいSquareのリーダーは、Googleが発表したAndroid Pay(日本でのサービス提供未定)・Samsung PayやApple Payと言った決済サービスやICクレジットカードでの決済に新たに対応するようになりました。

新しいSquareリーダーは、まず米国国内の100店舗で先行的に提供が開始され、旧タイプのSquareリーダーも付属して価格は49.99ドル(日本円で6,126円)となっています。


日本では、アップルストアやブルーボトルコーヒーなどで既に提供が開始されている新たなPOSレジスタイルのSquare。

Bluetooth LEの採用で省電力かつ省コストで、今まで以上に快適な決済を利用することができるようになると思います。

ちなみに、SquareのCEO、ジャック・ドーシー氏は、Twitterの共同創設者兼会長で、今年の2015年10月にTwitterのCEOにも就任しています。

(追記)旧Squareリーダーの紹介を追加しました。またレイアウトを一部変更し、読みやすくしました。

ソース:Square,Squareアプリ(Google Play,App Store)

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link