G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

2016年1月~3月の世界スマートフォン出荷台数シェアが発表

time 2016/04/28


米国の調査会社であるIDCが2016年Q1(1月~3月)の全世界でのスマートフォン出荷台数のシェアを発表しました。

sponsored link

Huawei、OPPO、Vivoなど中華勢が大きく躍進

idc-2016q1-smartphone

IDCが発表したトップ5はSamsung、Apple、Huawei、OPPO、Vivo。サムスンとAppleは前年度の同じ時期と比べると減少しています。サムスンは0.6%減少の8190万台、Appleは16.3%減少の5120万台となっています。

一方、増加に転じたのがファーウェイ、OPPO、Vivoの3メーカー。この3社はどれも中国企業です。
ファーウェイは日本でもお馴染みのメーカーで、最近では精力的にSIMフリー端末を発売しています。

>>Huawei P8 liteをレビュー。約2.5万円で買えるスマートフォンの使い心地はいかに?

OPPO、Vivoは日本ではあまり馴染みがありませんが中国では格安で性能が高い端末を作っているメーカーです。

ファーウェイは58.4%増の2750万台、OPPOは153.2%増の1850万台、Vivoは123.8%増の1430万台を出荷しています。

1位と2位はサムスンとAppleの指定席となっていますが、3位以下は毎年メーカーが変わっている激戦区となっています。それだけスマートフォン市場は競争が激しく、また飽和しつつあります。
前年度ではLenovoやXiaomiなどこちらも中国企業が名を連ねていましたが、今年はランクインなりませんでした。

Lenovo K3 Note K50-T5 4G LTE SIMフリースマートフォン [並行輸入品]
売り上げランキング: 27,025

おそらく、これからも上位に食い込んでくるのは中華勢と考えられます。当サイトでも中国メーカーを積極的に取り上げていきますのでお楽しみに。

source:IDC

Apple iPhone 6 16GB シルバー 【docomo 白ロム】MG482J
アップル
売り上げランキング: 1,310

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link