G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Skype、Android版のダウンロード回数が5億を突破

time 2015/03/01

LINEが普及しても、Skypeの勢いはまだまだ建材のようです。海外の情報サイトNeowinは、Skype for Androidのダウンロード回数が5億回を突破したことを発表しました。

Skypeとは?

Skypelogo

Skypeは、2011年のMicrosoft買収までスカイプ・テクノロジーズ社で開発されており、P2P技術を利用したチャットソフトでした。

文字の送信はもちろんのこと、絵文字、画像、動画、Office文書などを共有することができる為、個人向けのみならずビジネス向けにも提供されています。

現在、Skypeはクロスプラットフォームで提供され、Windows版、Windows Phone版、Windowsストア版、OS X版、iOS版、Linux版、Android版、BlackBerry版の8つのバージョンが提供されています。また、PC・スマートフォン以外にもSCE(ソニー・コンピューター・エンターテイメント)社のPSP・Playstation Vita・Xbox 360・Xbox Oneにも提供されています。


LINEのこれから

Skypedroid

このうち、Android版は、2010年10月に提供されており、多くのユーザーに親しまれており、Android版のSkypeリリース後1ヶ月後には、KDDIからはIS03と同時にau Skypeと呼ばれるアプリが出て積極的にアピールされるほどでした。

LINEが普及した今、カカオトークや050plusを使うユーザーはお世辞にも多いとはいえず、LINEユーザーが日本では大半です。ですが、それはスマホやタブレットの話。

これから先、LINEが普及しようとも添付できるファイルの種類やPCでの利便性などを見ても、Skypeはまだまだこれからも使い続けられるでしょう。

ソース:Neowin

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link