G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

ガラホのもう1つの選択肢。NTTドコモ、AQUOSケータイ SH-06Gを発表。

time 2015/06/13

SH06GPP

XperiaやARROWSやGALAXYもいいですが、AQUOSのガラホもいかがですか?

今回、紹介するのはSPモード対応ガラホ「AQUOSケータイ SH-06G」です。

sponsored link

SH-06Gのスペック

SH-06Gは、CPUのスペックは非公開ですが、物理メモリ(RAM)を1GB搭載しています。

OSは、同じくガラホのARROWSケータイ F-05Gと同様に最新のAndroid 5.0.2 Lolipopではなく、Android 4.4.4 KitKatを採用しております。

今回のような端末の場合、スペックを重視するのでなく、フィーチャーフォンでAndroidを動作させるのが目的の為、少し古いAndroid 4.4となったのでしょう。

因みに、ディスプレイサイズは3.4インチで、540×960(QHD)のディスプレイを搭載しております。一般的なフィーチャーフォンと同じ程度のサイズで、解像度の側面からみてもフィーチャーフォンとしては比較的として綺麗なディスプレイ画質ですね。

SH-06Gの特徴

SH-06Gは、ボタンによるクイックオープン機能や、Bluetoothを利用したタブレット連携機能「PASSNOW」などが新たに搭載されており、フィーチャーフォンからの乗換を促進する機能やタブレットとの2台持ちを想定した機能を新たに追加しております。


AQUOSケータイ SH-06Gは、ARROWSケータイF-05Gと比較しても、多くの多様なユーザーに向けた機能が搭載されていて、実用的だと思います。

ただ単純に、ガラホを使いたい人向けではなく、乗換を促進すると同時にタブレットとの併用を想定した機能の導入により多くのニーズに答えた素晴らしい端末に仕上がっていると思います。

AQUOSケータイ SH-06Gは、6月下旬発売予定です。

 

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link