G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Samsung、二画面折りたたみ式スマートフォン「三星W2016」を発表!折りたたみ式ながらGalaxy S6と同等の性能に

time 2015/11/21

Samsung-w2016-0
サムスン電子が中国で折りたたみ式の二画面スマートフォン「三星W2016」を発表しました。折りたたみ式ケータイのように見えますがスマートフォンという「三星W2016」は同社の最新スマートフォンGalaxy S6並みの性能を誇ります。

sponsored link

デザイン:表も裏もディスプレイの折りたたみ式スマホ

Samsung-W2016-01
三星W2016の特徴はクラムシェル型(ヒンジで折りたためる形状になったタイプ)の携帯電話としてのスタイルを備えながらスマートフォンとして使えるというところでしょう。

折りたたみ式で、キーが独立しているため通話用として使いやすくなっています。通話を頻繁に使うユーザー、従来型の折りたたみ式携帯電話を使っているユーザー向けの製品といえます。

また、もう一つ大きな特徴なのが両面ディスプレイを備えていることです。
これによって開いた時は通話がしやすく、閉じた時は普通のスマートフォンとしてアプリが使いやすく。ただ折りたたみ式の本体をスマートフォン化しただけではなく、スマホとしてもしっかりと使えるように設計されています。

スペック:中身はGalaxy S6並みに

Samsung-W2016-02
ディスプレイは3.9インチのスーパー有機ELで、解像度は1280×768ピクセルです。

プロセッサ(SoC)にはExynos7420(最大2.1GHzオクタコアCPU内蔵)を搭載。これは同社のフラッグシップ機であるGalaxy S6・S6 edgeと同じものです。

メモリ(RAM)は3GBで本体容量は64GB。microSDカードスロットも搭載しています。

Samsung-W2016-03
三星W2016は急速充電とワイヤレス充電にも対応。30分で最大50%まで充電が可能とのことです。

無線は4G、Wi-Fi、Bluetooth、NFCに対応しています。

カメラはメインに1600万画素、ディスプレイ部に500万画素のセンサーを搭載しています。

折りたたみ式の本体に両面ディスプレイを備えるなど、中国向けらしいイロモノ端末にみえ無いこともない「三星W2016」。しかし、中身にはハイエンドスマートフォンと同じプロセッサを採用するなどユーザーがしっかりと使える製品になっています。

source:Samsung

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link