G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

サムスン、2015年第一四半期でシェアトップ。Galaxy S6・S6 edgeで首位をキープできるか?

time 2015/04/19

Samsung-Logo

2015年第一四半期のスマートフォン市場のシェアはサムスンがトップで、依然としてリーディングカンパニーであることは揺らがないようです。

sponsored link

Galaxy S6・S6 edgeで首位を守りきれるか

Samsung-Galaxy-S6-Edge-660x330

市場調査会社TrendForceの報告ではサムスンが27.8%でトップ、次いでAppleが19.9%と2位についています。

アナリストによるとサムスンはGalaxy S6・S6 edgeによって消費者の注目が集まっているとのことです。

Galaxy S6 edgeはサムスンのフラッグシップモデルで高い性能と端末両サイドまでディスプレイになっているのが大きな特徴です。

>>Galaxy S6・S6 Edge発表!8コアCPU搭載のプレミアム端末はGalaxy S5とどう変わったのか比較する

2015年第2四半期はGalaxy S6・S6 edgeに2000万人以上が乗り換えると予測され、シェア低下はしそうにもありません。

一方、Appleもただ大きく離されているわけではありません。第1四半期ではiPhone 6・6 Plusを5500万台以上も売り上げています。

その大きな要因は中国市場での成功が大きく、Lenovoを抜き、シェア1位となりました。
2014年第4四半期から2015年第1四半期には20%以上のシェアを獲得したともいわれています。

個人的にはサムスンやAppleのスマートフォンばかりではつまらないので、他社にも同じくらいの健闘をして欲しいですね。

source:T3

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link