G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

日本MS、Surface 3の国内発売を正式発表。LTE版はワイモバイルから発売。

time 2015/05/19

Surface3+Pro3

日本マイクロソフトは本日、3月に発表したAtom搭載のWindowsタブレット、Surface 3 の国内発売を正式発表しました。

sponsored link

Surface3のスペックと特徴

Surface3は、無印シリーズとしては、Windows RTを搭載していないで、Windows 8.1 Updateが特徴。(これは恐らくWindows RTがWindows 10への無償アップデートの対象外という意味での選択です。)

また、CPUにはIntel Atom X7を搭載しており、Surface Pro 3で搭載されているIntel Core i3 / i5 / i7に比べると若干力不足です。因みにRAMは2GBを搭載しております。

microUSBAC

また、今回のSurface 3には今までのmagsafeではなく、microUSBポートが採用されており、モバイルバッテリーで充電することが可能になっています。

価格と販売方法

Surface3には、個人向けと法人向けが用意されております。個人向けは、ワイモバイルとMicrosoft Store、全国の家電量販店で発売され、個人向けの全てのモデルには、全モデルでOffice Home & Business Premium+Office 365が付属しております。

個人向けのRAM 2GBストレージ64GBモデルが81,800円、RAM 4GB、ストレージ128GBモデルが91,800円で提供されます。

また、個人向けのSurface 3は、LTE版のみ発売され、今までのような、Wi-Fi版は発売されません。

LTEはソフトバンクモバイルのY!mobileに最適化されており、対応バンドは、LTEは、Band1 2.1GHz/Band3 1.7GHz/Band 8 900MHz、3G回線は、 Band 1 2.1GHz/Band 8 900MHzとなっています。

対して、法人向けは、ソフトバンクが取扱い、従来のようなWi-Fi版も用意され、RAM 4GB ストレージ64GBが68,800円、RAM 4GB ストレージ128GBモデルが91,800円で提供されます。

また、今回のSurface 3は7月下旬にリリースが予定されているWindows 10への無償アップグレードの対象にもなっています。


まさかまさかのワイモバイルが取り扱うことになったSurface 3。個人的に、Microsoft StoreからSIMフリー版が出てくるのかと思っていただけに、今回の発表には驚いています。

MicrosoftのSurfaceシリーズ最新作、Surface 3は、明日5月20日予約開始、6月19日からMicrosoft Storeと全国のワイモバイルショップと家電量販店で発売を開始する予定です。

 

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link