G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Qua tab 01発表。国内初のSnapdragon615を搭載で防水防塵に対応した8インチ薄型タブレット。

time 2015/05/28

qua-tab-01_main-visual
Qua tab 01は京セラが開発した8インチの薄型コンパクトなタブレットで、8コアCPUのSnapdragon615を搭載や防水防塵に対応していることが特徴です。

sponsored link

基本スペック

qua-tab-01_fem
Qua tabはAndroid 5.1を搭載した8インチのタブレットです。
カラーはホワイト、ピンク、ネイビーの3色です。ピンクというのはタブレットとしては珍しく女性に対してリーチしているのかもしれません。
画像からは分かりにくいですが、ホワイトは光沢仕上げ、ピンクはマット調、ネイビーはマットな質感ながら光沢がある塗装が施されているようです。

qua-tab-01-color

本体サイズは約125×214×7.9mmで重量は298gとなっており、薄型コンパクトなタブレットに仕上がっています。

8インチのディスプレイは解像度WUXGA(1920×1200)のTFT液晶です。

プロセッサにはQualcomm Snapdragon615、2GBRAMとなっており、処理性能としてはミドルクラスです。
Snapdragon 615は夏モデルに多く搭載されているSnapdragon810の下のグレードのSoCで、日本製品に搭載されるのはQua Tabが初めてのことです。

本体容量は16GBで、microSDで128GBまで拡張することが可能です。

電池容量は4000mAhです。

カメラはメインが500万画素、前面カメラが200万画素となっています。

キャリアから出ているタブレットということで4G回線に対応。au 4G LTEとWiMAX2+に対応しています。
また、Wi-Fiの規格ではIEEE 802.11 a/b/g/n/ac に対応。
家の中でも外でも高速通信が可能です。

TORQUEなどを開発した京セラなだけあり、防水防塵に対応しています。

qua-tab-water

Qua tabは昨今の製品では珍しく企画から設計・開発・試験・製造を国内で実施しているという純国産タブレットです。
グローバルでは展開されないのかもしれません。

Snapdragon615とは?

Qualcomm Snapdragon615に内蔵されているCPUはMSM8939でCoretex A53 1.5GHz×4+1.0GHz×4の合計8基の構成になっています。CoretexA53は省電力CPUで、上位モデルのSnapdragon810では処理能力重視のCPUであるCoretexA57と組み合わされて使用されます。
この8基の組み合わせはARMの省電力技術「big.LITTLE」でSnapdragon615の場合、クロックが高いCPUは処理能力が必要な時に使用、そうでない時はクロックが低いCPUコアを動作させ消費電力を節約します。
元々のCoretex A53が省電力CPUなこともあり、Snapdragon615は消費電力をかなり抑えられるといえそうです。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link