G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

PlayStation VRが2016年10月に発売!価格は44,980円+税に。

time 2016/03/16

psvr

ついにPlaystation VR(以下PS VR)の詳細な発売時期、価格が発表されました。
2016年10月に発売、価格は44,980円+税です。

sponsored link

内容物はこのように、しかし他にも必要なものが。

内容物は

psvr_contents

・VRヘッドセット× 1
・プロセッサーユニット× 1
・VRヘッドセット接続ケーブル× 1
・HDMIケーブル × 1
・USBケーブル× 1
・ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式)× 1
・電源コード× 1
・ACアダプター× 1

の8点となっています。

この中の『プロセッサーユニット』の画像はこちら。

psvr_processor_unit

プレスリリースによると接続端子は

  • VRヘッドセット:HDMI端子、AUX端子、ステレオヘッドフォン端子
  • プロセッサーユニット:HDMI TV端子、HDMI PS4端子、USB端子、HDMI端子、AUX端子

とのこと。

ただ、PS VRで遊ぶにはこれに加えて最低でもPlaystation Cameraが、さらにソフトによってはPlaystation Moveが必要になっています。
ただ、これらがセットになったものは「市場によって異なり、検討する」(SCE広報)とのことですので情報が出るまで急いで買う必要はないかと思います。

AV Watch様の記事にPS VRのフルセットの写真がありましたのでこちらを見ることで接続のイメージや必要な物がわかります。

PS VR発売から2016年末までに50本以上のタイトルを予定!

PS VR向けソフトウェアタイトルの開発には2K Gamesやユービーアイソフト株式会社などの大手ソフトウェアメーカー様からインディーズ(独立系)開発者様まで、230社以上※2から参入の表明をいただいています。各社様およびSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)では160本以上※3のタイトルを開発しており、発売から2016年末までに『Eagle Flight』(ユービーアイソフト株式会社)、『EVE: Valkyrie』(CCP Games)、『Headmaster』(Frame Interactive)、『Rez Infinite』(Enhance Games)、『Wayward Sky』(Uber Entertainment)、『RIGS: Machine Combat League』、『つみきBLOQ VR』、『Until Dawn: Rush of Blood 』、『PlayStation®VR WORLDS』(SCE WWS)※4など、50本以上の幅広いジャンルのタイトルを発売予定です。また、エレクトロニック・アーツ株式会社、DICE、Lucasfilmは、PS VRだけでお楽しみいただける『Star Wars™ バトルフロント™』(エレクトロニック・アーツ株式会社)の全く新しいゲーム体験の開発に取り組んでいます。さらに、PS VRをお買い上げ後すぐにVR体験を家族や友人とお楽しみいただけるよう、発売と同時にPS VR専用タイトル『THE PLAYROOM VR』※5(SCE WWS)をPlayStation®Storeにて無料で配信いたします。

(プレスリリースより)

と、既に年末までの発売予定だけでも50本以上が、また160本以上のタイトルが開発されているとのことです。
高価な周辺機器なだけにタイトルの充実はPS VRの本体への購買意欲により深くつながっていきますから魅力的なタイトルが揃っていってほしいですね。

PS VRへの参入を表明している国内メーカーは以下のとおり。

psvr_publisher

これからどんなゲームがVRで遊べるのか今から楽しみです。

また、PS VRのPVを見たことのある方はこのゲームに見覚えがないでしょうか。

psvr_deeppsvr_london

なんとこちらの2作品を含んだVRゲーム5本がバンドルになった『PlayStation VR Worlds』が無料で配信される予定のようです。
おそらく短編集のような感じだとは思いますがVRを体験するには短時間でベストだと思います。

(訂正)こちらの『PlayStation VR Worlds』が無料で配信される予定であるとお伝えしておりましたが、無料で配信されるソフトについて正しくは『THE PLAYROOM VR』であり、『PlayStation VR Worlds』は有料での販売になっています。
お詫びして訂正いたします。

psvr_theplayroomvr

PlayStation VR Worldsのトレーラー映像はこちら。
PlayStation VR Worlds – Announcement Trailer | PS VR

ヘッドマウントディスプレイとしても使用可能に!

PS VRにはPS4で利用できるコンテンツが楽しめるシネマティックモードが搭載されています。

なんと最大225インチ(横幅5メートル)のスクリーンが2.5メートル先にあるように感じられるようです。
ゲーム以外でも活用できる場面が多くなりそうです。

また、360度のパノラマ写真・映像の再生にも対応しています。
再生機器が増えることによってコンテンツも増えていくことが期待できますから楽しみです。


ついに詳細な発売時期、価格が発表されました!
価格は約5万ということで他社VRより手の出しやすい価格になっていて嬉しいです。

望むことは遊びたいと思うタイトルが継続して出していただきたいです。
PS VR自体は一度ソニーのイベントにて体験したのですが没入感がとても高く、いろんなジャンルのゲームをやってみたい!と思わされました。

これから各社から対応ゲームタイトルが発表されていくことでしょうから発売まで楽しく待てそうです。

<PlayStation®VR商品概要>

商品名 「プレイステーション ヴィーアール」
型番 CUH-ZVR1シリーズ
発売日 2016年10月
希望小売価格 44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンド
外形寸法
  • VRヘッドセット:約187 × 185 × 277 mm(幅×高さ×奥行き、最大突起部除く、ヘッドバンド長さ最短)
  • プロセッサーユニット:約143 × 36 × 143 mm(幅×高さ×奥行き、最大突起部除く)
質量
  • VRヘッドセット:約610 g (ケーブル含まず)
  • プロセッサーユニット:約365g
ディスプレイ方式 OLED
ディスプレイサイズ 5.7インチ
ディスプレイ解像度 1920×RGB×1080
(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)
リフレッシュレート 120Hz、90Hz
視野角 約100度
搭載センサー 6軸検出システム (3軸ジャイロ・3軸加速度)
接続端子
  • VRヘッドセット:HDMI端子、AUX端子、ステレオヘッドフォン端子
  • プロセッサーユニット:HDMI TV端子、HDMI PS4端子、USB端子、HDMI端子、AUX端子
プロセッサーユニット機能 3Dオーディオプロセッシング、ソーシャルスクリーン(ミラーリングモード/セパレートモード)、シネマティックモード
内容物
  • VRヘッドセット × 1
  • プロセッサーユニット × 1
  • VRヘッドセット接続ケーブル × 1
  • HDMIケーブル × 1
  • USBケーブル × 1
  • ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式)× 1
  • 電源コード × 1
  • ACアダプター × 1

Source
PlayStation®4専用バーチャルリアリティシステムPlayStation®VR 2016年10月に44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンドで発売
【西田宗千佳のRandomTracking】PlayStation VRは10月発売。PS4やBD大画面体験「シネマティックモード」も – AV Watch
【UPDATE】VRゲーム5本収録の『PlayStation VR Worlds』発表、高解像度イメージもお披露目

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link