G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Android用ニコニコ動画閲覧特化アプリ「nicoid」がアップデート。一部にマテリアルデザインを採用へ。

time 2015/03/30

もはやAndroidアプリのグローバルスタンダードになりつつある「Material Design」、いよいよ国内アプリにも導入されました。

Android用ニコニコ動画閲覧特化アプリ「nicoid」は本日、最新アップデート4.0を公開し、メイン画面にMaterial Designを採用しました。


今回採用されたMaterial Designを見てみよう

2015-03-30 06.16.422015-03-30 06.16.562015-03-30 06.18.42    今回採用されたのは、検索画面と起動時に現れるメイン画面のみで、動画再生画面と設定画面についてはUIの変更はなく、従来のHolo Light UIのままでした。

今まで、「gReader」や「twitter」などのAndroidアプリは、アップデートの際にUIがMaterial Designに変更されてきましたが、私が知る限りでは、国産アプリではクックパッドに続いて、2例目です。


2つのパターンのデザイン

Androidアプリで実装するMaterial Designには、大きく分けて2つのパターンがあります。

2015-03-30 11.06.061つ目は、foursquareアプリやInboxアプリなどで、採用されているステータスバーの色を変更する手法。これは、Android 5.x系以降でのみ適用できます。

2015-03-30 11.07.242つ目は、ステータスバーの色を変更しない手法。これはAndroid 5.x以降でもAndroid 5.x未満でも表示は同一です。(オンスクリーンキーのデザインの有無などの差異はありますが)


今回、nicoidで採用されたのは、2つ目の手法です。ステータスバーの変更がないのは残念ですが、このように純粋なMaterial Designアプリは、まだまだ少ないので、今後更に増えてくれると嬉しいですね。

Google_playnicoid (ニコニコ動画プレイヤー) – Google Play の Android アプリ

 

 

 

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link