G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

オリンパス、スマホで操作ができるレンズ交換カメラOLYMPUS Air発表

time 2015/02/06

olympus_air_

オリンパスはスマートフォンで操作ができるマイクロフォーサーズ規格準拠レンズ交換式カメラ「OLYMPUS Air A01」を発表しました。オリンパスは一眼画質とスマートフォンでの操作を融合させ、アプリで新たな写真表現を楽しむカメラとしています。

このようなレンズスタイルカメラといえばSONYのQX1シリーズが先行して出ていますがオリンパスもこの分野に参入です。

大きな特徴としてオリンパスは4つ挙げています。

1.撮影の楽しみを広げる個性的な8種類のアプリ

olymupas_air_01

1回の撮影で6パターンの写真が楽しめるOA.Genius
写真を印象的に仕上げる OA.ArtFilter
色の明るさの変化で新たな表現をする OA.ColorCreator
何気ない日常を複数視点で表現するOA.PhotoStory
一眼の操作系で交換レンズの価値を活かすOA.ModeDial
ショートムービーの撮影・編集を楽しむ OA.Clips
撮影した写真をスマートフォンで閲覧、編集する OA.Viewer
「OLYMPUS AIR」を使うための基本アプリ OA.Central

特に8つ目のOA.CentralがOLYMPUS Airのキモで、OLYMPUS Airの基本設定を行います。初期セットアップから他の7種類のエフェクトアプリに誘導などトータルでOLYMPUS Airをサポートするアプリです。

2. マイクロフォーサーズ規格の一眼画質、レンズ交換により広角、望遠、マクロも自在

nr150205opc_01

OLYMPUS Airはマイクロフォーサーズマウントを採用し、同社向けのレンズを活用することができます。レンズ交換で様々なシチュエーションに応じて撮影が行えます。

また同社ミラーレス一眼カメラと同等の1605万画素 Live MOSセンサーと画像処理エンジンTruePicVIIを搭載。レンズの性能を最大限に引き出します。
加えて高速、高精度なオートフォーカスを実現した「FAST AF」システムを採用しました。スマートフォンの画面上でピントを合わせたい場所をタッチするだけで、瞬時にピントが合い同時にシャッターが切れるので、ストレスを感じさせない操作系となっています

3.本体重量147g。スマートフォンとの組み合わせによる自由度の高い撮影スタイル

000053622

操作するスマートフォンと本体カメラが別なので利き手によらずハイアングル・ローアングル・自分撮り・夜景撮り・リモート撮影など難しかったアングルでの撮影も自在に行えます。また、OLYMPUS Air単体でも写真を撮ることが可能で人やペットにカメラを意識させずに自然な表情を引き出せます。さらに、タブレットでも操作が可能なので精緻なピントあわせ、露出のコントロールの認識がおこないやすくなります

4. ガイド機能による簡単な初期設定。撮影時にもアプリを立ち上げるだけの高速起動

opa

OLYMPUS AIRとスマートフォンアプリはBluetoothとWi-Fiで通信を行います。煩わしい初期設定はガイドに従って、4ステップで完了。難しいとされていたWi-Fi認証もQRコードを読み取るだけの簡単接続です。また、一度設定を行なえば、アプリを立ち上げるだけで「OLYMPUS AIR」が自動起動、素早く撮影体制に入ります。

アプリ連携機能を使って「OA.Central」が各アプリの接続確立を行うため、難しい接続設定を行なう必要がありません。カバンの中に入れたまま、アプリ「OA.Viewer」を起動させ写真の閲覧、編集することも可能です。

OPC Hack & Make Project

OPC_hmp

OLYMPUS Air発表に先駆けてオリンパスの技術をオープンにし、デベロッパー、クリエイター、ユーザーと共に新しい写真体験を開拓していくプロジェクト「OPC Hack & Make Project」をオリンパスが立ち上げました。

OLYMPUS AIRをコントロールするSDK(ソフトウェア開発キット)で新しいアプリを開発したり、3Dデータからアクセサリーを制作したりとオープンプラットフォームならではの価値を創出する試みです。

こういうハードのオープンプラットフォームというのはなかなか無いのでこれからの発展、拡大に期待したいです。
またこの「OPC Hack & Make Project」については個別記事で特集をしたいと思います。

sponsored link

まとめ

OLYMPUS Airはスマートフォンで操作ができるレンズ交換式カメラ。大きなカメラを持ち歩くのには抵抗があるけれど、スマートフォンのカメラでは物足りないという方に丁度いいカメラです。またオープンプラットフォームなので販売されて終わりではなく新しく進化する可能性を持っています。

価格はSONYのレンズスタイルカメラ「QX1」(単体38750円、レンズキット54950円)と近いことから確実に意識はしていますね。
「OLYMPUS Air」は単体で税込み36,504円。ズームレンズキットは税込み53,784円でオンラインショップ限定で、2015年3月6日に発売します。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link