G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

LG、有機ELテレビの販売を計画か?中国および日本で

time 2015/02/24

 lg-oledt-v

LG電子が有機ELテレビの販売を計画していることをソウルロイター通信が伝えています。

韓国LG電子は中国および日本のパートナーと提携して、有機ELを市場の主軸として据えていく模様です。

 

LG電子とは

韓国サムスン電子に次いで、世界第2位のテレビメーカーです。テレビ以外にもその基となるパネルやスマートフォンや家電製品も多く製造しています。

日本からはisaiブランドのスマートフォンがKDDIから販売されていますね。

有機ELテレビとは

hotaled-tv

有機ELテレビとは有機ELディスプレイ(OLED)を用いたテレビのことです。有機ELというのは有機エレクトロルミネッセンスの略で、有機物(炭素を含む化合物)を素材に採用したLED(発光ダイオード)のことです。

LEDといえば明るくて、発色も良く、電力も喰わないということをご存知の方も多いと思います。その特徴を有機ELも持っており、有機ELを使ったテレビは従来の液晶テレビ・プラズマテレビと比較すると低消費電力、高精細、薄型化も可能など多くの優位点があります。

しかし、大型化や大量生産の難しさもあり、コストがかかるという欠点があります。

それもあり、ソニー・パナソニックといった日本のメーカーは昨年にも市場からの撤退を決めたという経緯があります。

現在、有機ELディスプレイ市場で最大のシェアを持つサムスン電子も、大型ディスプレイではなく小型ディスプレイを量産するに留まります。

sponsored link

有機ELテレビを販売する狙いとは?

zoom-scope 

by Irish Defence Forces

一部では中国のいくつかのメーカー(Skyworth DigitalやKonkaグループなど)が、有機ELテレビの開発を始めたと伝えられています。

スマートフォンで世界的にシェアを拡大している中国勢が、テレビ事業にも本格的に参入するということは、その業界のメーカーにとっては、穏やかではありません。

LGは、サムスンと並んでテレビ市場のビッグプレイヤーです。

次世代テレビとして確実視されている有機ELテレビの市場でも、その座を保持していきたいというのは、想像に難くありません。

今回、中国および日本のパートナーと提携し、有機ELテレビを市場のメインストリームとして打ち出していくという計画は、スマートフォン市場でも猛攻を見せる中国勢に遅れを取らないための布石だといえます。

Source:Reuters

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link