G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

ソニー、「PlayStation VR」を発表!仮想現実(VR)体験ができるHMD「Project Morpheus」の正式版

time 2015/09/16

sony-psvr001
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は9月15日に行われたSCEJA Press Conference 2015にてVR HMD「PlayStation VR」を発表しました。VR HMDとは仮想現実(VR)を体験することのできるヘッドマウントディスプレイ(HMD)のこと。このVR HMDは以前はProject Morpheusと呼ばれていました。

sponsored link

Project Morpheusとは

psvr
Project Morpheusはソニーが持つHMDの技術を使って開発したVR体験のためのデバイスです。初公開されたのは2014年の3月。Project MorpheusはPS4向けに開発されており、PS4のコンテンツがVR対応していればHMDで体験することができます。

視界がすべてディスプレイに覆われているため高い没入感を体験することができるのが特徴です。ヘッドギアに搭載された二枚のディスプレイがゴーグルのような役割を果たし、視界に映るのはコンテンツの映像のみ。ディスプレイは表示解像度1920×1080ドットの5インチ液晶を使用、左右それぞれに960×1080ドットの映像を表示してリアルタイムで3D映像を表示するという仕組みでした。
ディスプレイの3D映像と3Dサラウンド、更にPlayStation EyeとProject Morpheusに内蔵された加速度センサーが頭の動きを検知してコントローラーを操作することなく映像がリアルタイムに変化。あたかもゲームの仮想世界に入り込んでいるかのような体験が可能です。

 名称  Project Morpheus
 ディスプレイ 5インチ液晶
 解像度 1920×1080(左右960×1080ずつ)
 水平視野角  90度
 センサー  ジャイロスコープ、加速度センサー
 インターフェース  HDMI、USB
機能 3Dサラウンド、ソーシャルスクリーン

Playstation VRの概要

psvr-logo
Playstation VRは前述したProject Morpheusが元となっているだけあって外観や機能といったものはほぼ同じです。
ただ、PlayStation VRとなりハードウェアの一部仕様が変更となったためそこを確認していきます。
まずディスプレイは5インチ液晶から5.7インチの有機ELになりました。表示解像度は1920×1080ドットで左右もそれぞれ960×1080ドットと変わりません。
当初、液晶にした理由としてはスマートフォンのディスプレイがそのまま流用でき、製品のコストを抑えられるためとしていました。
有機ELディスプレイはその画質とソニーのHMDでも採用されていたという実績から採用されたものと考えられます。

視野角は90度から100度と広くなりました。ただ、VR HMDという特性上、頭の向いた方(の仮想現実上)にある映像が表示されるため、ある程度の視野角が確保されていれば問題ありません。
ユーザーの動きもPS4に備え付けられたPlayStation EyeとHMD側のセンサーで検知するといった仕組みはそのままです。

3Dサラウンド技術で仮想空間内の音響もリアルタイムに変化します。

名称 PlayStation VR
ディスプレイ 5.7インチ有機EL
 解像度  1920×1080(左右960×1080ずつ)
 水平視野角  100度
 センサー  ジャイロスコープ、加速度センサー
 インターフェース  USB、HDMI
機能 3Dサラウンド、ソーシャルスクリーン

VR対応ゲームをプレイする際はDUALSHOK4またはPlaystation Moveを使用します。

対応コンテンツはSCEワールドワイドスタジオおよびソフトメーカー各社が開発を進めている模様。その一部はプロモーション動画で確認することができます。
Oculus Riftを含め、VRを体験できる時代が来たと思うと今から非常にわくわくしますね。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link