G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

開きすぎたタブを一つにまとめてメモリを節約するGoogle Chrome・Firefox拡張機能「One Tab」

time 2015/04/20

onetab-logo
ChromeやFirefoxのタブをついついたくさん開いてしまい、PCの動作が重くなってしまうことはないでしょうか。「Onetab」は開きすぎたタブをまとめてメモリの消費を抑えることのできる拡張機能です。

sponsored link

One Tabの導入・使い方

onetab-chrome

OneTabの導入はGoogle Chromeの場合Chrome Web Storeから、Firefoxの場合はfirefox Add-onsから無料でダウンロードできます。

Chrome:OneTab Chrome ウェブストア

Firefox:OneTab fiefox Add-ons

本記事ではGoogle Chromeを例に説明をしていきます。

chrome-onetab-001

インストールするとOne Tabボタンが追加されます。

chrome-tabs-g

One Tabボタンを押すと開かれているタブが一つにまとめられ、まとめたタブがリストとして表示されます。

onetab

まとめられたタブのリンクをクリックするとタブで開くことができ、必要な時だけ閲覧できます。

開いたタブを再びOneTabに戻したい時は、
ページ上で右クリック→「▽OneTab」→「Send Only This Tab to OneTab」
でタブをOneTabに収納することができます。

※注意:OneTabボタンをクリックすると音声再生中やフォーム入力中のタブがある状態でもまとめられてしまいます。一度、中断するか、以下の方法でタブをまとめられないようにしましょう。

タブの除外

Onetabでまとめられたくないタブがある場合はタブの除外処理をしましょう。
ページ上で右クリック→「▽Onetab」→「Exclude(ページURL)from Onetab」
こうすることによってOneTabのまとめるタブの対象から除外されます。

他にもChromeの機能であるタブの固定でもOneTabにまとめられないようにできます。

Onetabでタブをまとめることによって結果的にタブの数が減るので、メモリの消費を抑えることができます。

ブラウザのタブ機能は便利ですが、ついつい多く開いてしまいメモリを圧迫したり、どれが何のタブやら分からなくなってしまうこともしばしば。そんな時は今回紹介した「OneTab」を使ってみてはいかがでしょうか。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link