G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

格安Windows10タブレット「Onda V919 Air CH」登場!Cherry Trail、メモリ4GB、本体容量64GBで2万円!

time 2016/01/27

v919-airch-01
中華タブレットの真打ちとなるか。Cherrytrailプロセッサ、4GBメモリ、本体容量64GBを備えつつ価格が約2万円というWindows10タブレット「Onda V919 Air CH」がGearbestにて登場しています。

sponsored link

デザイン

v919-airch
Onda V919 Air CHのデザインは至ってよくある中華タブレットとなっています。つまりiPad風のデザインをしています。Onda V919 Air CHだけではなく中華タブレット全般がiPadに似たデザインとなっています。
v919-airch-back
外装にはメタリックな素材が使われています。

ディスプレイは9.7インチのIPS液晶を搭載しています。画面解像度は2048×1536のいわゆるRetinaと呼ばれるものです。ディスプレイサイズから解像度までiPad Airと同じです。
v919-airch-weight
サイズは239 x 169 x 7.9 mm。重さは525gとなっています。本家iPadにも並ぶ薄型のタブレットとなっています。

スペック:64bit CPU,4GB RAM,64GBストレージ

v919-airch-intel
プロセッサにIntel Atom x5-Z8500 2.24GHzクアッドコアCPUを搭載。メモリ(RAM)は4GBで本体容量は64GBのeMMC。日本で発売されているWindows 8.1搭載タブレットを知っている読者には分かると思いますが、現行の低価格なWindowsタブレットとしてはかなり上位の性能を備えています。

Onda V919 Airに搭載されているAtom x5-Z8500について。これはCherryTrailと呼ばれるプロセッサで、これは2014年~2015年に販売されたWindowsタブレットに搭載されたBaytrailの後継製品です。プロセスルールは従来の22nmから14nmとなっており、兄弟製品のx7-Z8700はMicrosoftのSurface3にも搭載されています。
v919-airch-interface
microSDスロットも備えており、最大128GBまで拡張が可能です。

無線はWi-Fi(IEEE 802.11 b/g/n),Bluetooth v4.0に対応しています。

カメラは前面に200万画素、背面に500万画素のセンサーを搭載しています。

ベンチマーク:Cherrytrailのパワーはどのくらいなのか

x98-pro-Cherrytrail
Onda V919 Airに搭載された「Intel Atom x5-Z8500」。Intel Atomプロセッサとしては4世代目に当たり、コードネームはCherrytrailです。プロセスルールが前世代Baytrailの22nmから14nmへと微細化されています。処理能力や省電力性の向上、多機能化など様々な変更点がありますが、大きな変更がGPUです。
GPUユニットが4基から12基へと増え、グラフィックの処理性能が大きく向上しました。そこで「Atom x5-Z8500」を今までのWindowsタブレットやAndroidタブレットに搭載されていたプロセッサと比較してみたいと思います。
まずWindows 8.1タブレットに多く搭載されていた、「Atom Z3735F」。もう一つがAndroidタブレットによく搭載されていた「Atom Z3580」。これらをGPUベンチマークソフト「GFX Bench」のスコアで比較します。

gfxbench-atom-cb

スコアはGFX BenchのManhattan 1080p offscreenで画面解像度に関わらずGPU性能を比較することができるのが特徴です。
描画できたframe枚数が上記のグラフです。Z3735F、Z3580ともにBaytrail。一方、Cherrytrailのx5-Z8500はほかを大きく引き離しています。

機能

Onda V919 Air CHはOSにWindows10を搭載しています。
Windows 10はWindowsの最新OSでそれを最初からインストールしています。
Windows 10はパソコン用のOSですが、タブレットのUIにも対応しています。
v919-airch-wintab
そのため普通に電子書籍や動画再生などをするためにタブレットを使ったり
v919-airch-winnote
キーボードを接続してノートPCとして使うことも可能です。

中華タブレットの多くがAndroidとのデュアルOSタブレットになっているのに対してOnda V919 Air CHはWindows10のみを搭載しているというのは珍しいといえます。

また、Onda V919 Air CHはHDMIポートを備えており、テレビなどに接続してHDMI出力が可能。物足りないという時は大画面で利用することも可能です。

価格

Gearbest.comでの価格は169ドル(およそ2万円)。性能から考えるとかなりのコストパフォーマンスであることが分かります。

Onda V919 Air CH Tablet | GearBest.com – http://www.gearbest.com/tablet-pcs/pp_261205.html

最新のIntel Cherrytrailプロセッサ、4GBRAM、64GBストレージ、2048 x 1536解像度のIPS Retinaディスプレイを搭載するとなると日本メーカーではこの価格は難しいでしょう。低価格なタブレットがひしめく中華タブレットの中でも一際目立っているといえます。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link