格安SIMのユーザー数トップクラス!OCN モバイル ONE レビュー。データ容量や価格の特徴など

OCNモバイルONE

NTTコミュニケーションズのOCNが提供する格安SIMが「OCN モバイル ONE」です。そのOCNモバイルONEを実際に使ってみたので、そのレビューとなっています。今回は特にデータ容量と価格についてレビューしています。

スポンサーリンク

データ容量

一日単位でのデータプランが用意されています。110MB/日と170MB/日。

また、一般的な月単位での容量の制限もあります。

それぞれは自由に容量変更が出来、110MB/日、170MB/日、3GB/月、6GB/月、10GB/月、20GB/月、30GB/月、15GB/月(500kbps)の8種類から選べます。

15GB/月は、500kbpsの制限がありますが、10GBの高速プランより安く済みます。

以下は、データ容量別料金表(税抜き)です。

コース データSIM SMS付きSIM 音声通話SIM
110MB/日 900円 1020円 1600円
150MB/日 1380円 1500円 2080円
3GB/月 1100円 1220円 1800円
6GB/月 1450円 1570円 2150円
10GB/月 2300円 2420円 3000円
20GB/月 4150円 4270円 4850円
30GB/月 6060円 6170円 6750円
500kbps 1800円 1920円 2500円

余った容量を翌月に繰り越せる

OCNモバイルONEでは、余ったデータ通信の容量を翌月に繰り越せます。

ターボ機能を無効化すると、200kbpsになるが、通信量を節約できる。

200kpbsの制限がかかっていても、ツイッターやテキストメインのサイトなどの読み込みは可能でした。画像の読み込みなどは、ワンテンポ遅れますが、高速通信を必要としない時に切り替えるだけで、節約できます。

複数のSIMで、容量をシェアできる。

OCN モバイル ONEでは複数のSIMでデータ容量をシェアすることができます。こちらは、追加するSIM辺りに一枚に400円からとなっています。

支払い方法/価格

口座振替ができるMVNO

通常、格安SIMというのはクレジットカードによる決済が普通ですが、OCNモバイルONEは口座振替に対応しています。
データSIMはクレジットカードが無くても、契約することができます。口座振替希望の際は、OCNに問い合わせが必要です。

もっとも安いプランは、900円(税抜)から

データ通信のみの110MB/日が月々900円(税抜)で運用できます。

スマートフォンなどの端末をセットで購入出来る。

HuaweiやASUSと言った有名メーカーから、gooのスマホといったコストパフォーマンスに優れたスマートフォンまで幅広くラインナップしており、端末とSIMをセットで購入できます。また、定期的にセールを行っているため、買いやすいというのも特徴です。

写真は、4インチとコンパクト、メモリ2GBのクアッドコアと普段使いなら充分なスペックを持ちながら、10000円を切るコスパに優れたg06+です。

ルーターのレンタルも

NEC製のモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN」が月1008円(税込)でレンタルできます。

まとめ:OCNモバイルONEの総評

OCNモバイルONEはとてもサービスが豊富なのが特徴です。他のMVNOでも採用しているバースト機能や翌月へのデータ繰り越し、アプリによる利用量の確認やターボ機能のON/OFFなどの要素を備えています。

また、新たにできたかけ放題プランでは、長電話をする人や10分以内の通話を何回もする方にお得なプランとなっています。そういう使い方をする人は検討してみてください。

自社クラウドやセキュリティサービス、公衆Wi-Fiなどが使え、初めて格安SIMを使うのであれば、おすすめできる格安SIMとなっています。

また、新プランや、端末のセールなどOCNモバイルONEに関する続報が入り次第、お伝えしてきます。