G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

トリニティ、Windows 10 Mobile搭載スマホ「NEO」発表。日本初のContinuum、USB-Cにも対応

time 2015/11/30

nuans-neo-02

スマートフォンアクセサリーを手掛けるトリニティがWindows 10 mobile搭載スマートフォン「NEO」を発表しました。大きな特徴として日本で出ているWindows 10 mobile機としては初のContinuumを搭載しています。

sponsored link

デザイン

nuans-neo-design

Windows 10 Mobile搭載スマートフォンに限らず、大手電機企業ではないメーカーがスマートフォンを開発・販売する時は中国企業のODM製品を利用したりすることが多いです。(APQなど)
NEOも製造は中国ですが、設計はトリニティが1から行っています。

NEOは5インチサイズのディスプレイを搭載。厚みは昨今のスマートフォンにしては厚くなっています。これは持ちやすさやバッテリーを重視した結果であるとのことです。

厚みがある故に、気になってしまうのが重量です。確かに同クラスのスマートフォンよりは重量があるのですがそこはバッテリーを下部に配置し、重心を安定させているとのことです。

サイズは141 × 74.2 × 11.3(mm)。重さは150gとなっています。

2つのスタイルで使える自由度の高いデザイン

nuans-neo-style

NEOはOne machine Manystyles というデザインコンセプトを掲げています。
端末本体はそのままで、背面のカバーを変えることで2種類のスタイルを使うことができます。
nuans-neo-twotone
一つ目は「TWOTONE」、端末背面の上部と下部をそれぞれ付け替えることできます。種類は上部下部ともに8種類、組み合わせは64パターンあります。
nuans-neo-flip
二つ目は「FLIP」、カバーを付け替えることによって手帳型のケースをつけたようなスタイルで使うことができます。
手帳のフタ部分にはICカードを入れることができます。フリップを閉じるとスリープ状態に、開けるとスリープが解除されます。
また、動画視聴に適したスタンドとして使うこともできます。

デザインをシミュレーションするページも公開されています。
Simulation | NuAns | New Answer with NuAns NEO – http://neo.nuans.jp/simulation/

カバーは3Dデータが無償で公開。3Dプリンターで出力したり、他のアクセサリーメーカーもカバーが作り易くなっています。
nuans-neo-3d
iPhone向けに高級感のあるカバーなどを販売している「GRAMAS」からもカバーが販売される予定です。

スペック

nuans-neo-spec
ディスプレイは5インチのHD(1280×720)液晶を搭載しています。
プロセッサ(SoC)にはQualcomm製のSnapdragon617を搭載。ARM社の省電力CPUコアCortex-A53 1.5GHzを8基搭載しています。

メモリ(RAM)は2GB、本体容量は16GBとなっています。また、最大128GBのmicroSDXCカードにも対応しています。

nuans-neo-battery
バッテリーは3300mAh。連続通話時間は16時間。連続待受時間は400時間となっています。
nuans-neo-typec
また、充電ポートとしてUSB-TypeCを備えています。これは日本で発売されるスマートフォンとしては初となります。PCとスマートフォンを接続するUSB-TypeAケーブルもリバーシブル仕様のものが付属するようです。

無線は4G(B1,B3,B8,B19,B28)、Wi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth、NFCに対応しています。
nuans-neo-camera
カメラはメインに1300万画素(広角28mm、F値2.0)、フロントに500万画素(広角24mm,F値2.4)のセンサを備えています。

機能

nuans-neo-continuam

NEOはWindows 10 mobileの目玉機能の一つでもあるContinuumを利用することができます。これは日本で発売されるWindows 10 mobile端末としては初めてとなります。
Continuumは対応したWindows 10 Mobile端末をディスプレイに接続することでそのままPCとして利用することができる機能です。

このContinuumは本来ならばSoCがSnapdragon808以上とされているのですが、NEOはSnapdragon617ながらも対応しています。これはSoCメーカーのQualcommやMicrosoftなどと協力して実現した模様です。製造が進む中国では既に実用できているとのこと。

価格・発売日

nuans-neo-01
NEOの価格は税別39800円(税込42984円)。Snapdragon410を搭載して4万円前後のスマートフォンがある中でこの価格はパフォーマンスに優れているのではないでしょうか。

カバーの価格はTWOTONEが1400円~、FLIPが2970円~となっています。(素材によって価格が違ってきます。)

発売は2016年1月。予約は11月30日からとなっています。

source:トリニティ

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link