G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

ニンテンドー2DS発表!その特徴をデジタルガジェット的な視点から解説する

time 2016/01/13

2ds-keymap
任天堂からニンテンドー3DSの派生モデル「ニンテンドー2DS」の日本での発売が発表されました。ニンテンドー2DSは簡単にいえばニンテンドー3DSから3DS機能を廃したモデルとなります。スマートフォンでいうならばエントリー・ローエンドクラスに位置します。
今回はそのニンテンドー2DSをガジェットサイトらしくゲーム的視点ではなくハードウェア的な視点で解説。既存のモデルとの比較も行っていきます。

sponsored link

ニンテンドー2DSとは

ニンテンドー3DS(以下3DS)といえばニンテンドーDSの形をしながらもスペックアップし、3D(裸眼立体視)ディスプレイを備えることが大きな特徴です。
ニンテンドー3DS ピュアホワイト

ニンテンドー2DSではその3DSから裸眼立体視機能を廃した通常の液晶ディスプレイを搭載しています。
hero-2ds
更に折りたたみ機構が廃止され、3DSとは似ても似つかぬ姿になっています。
ハードウェアの仕様を大幅に簡略化したことで価格は抑えられており、3DSの169.99ドル(約1万6600円)から2DSでは129.99ドル(1万2700円)となり、2013年10月に欧米で発売されました。

デザイン

nintendo-2ds-style
ニンテンドー2DSの外観で目立つのがニンテンドー3DSと違い、ストレートタイプの端末になっていることです。
3DSでは画面保護やスリープ機能を兼ねるために折りたたみのギミックが採用されています。これは3DSの前機種ニンテンドーDS、2世代前のゲームボーイアドバンスSPから受け継がれているものです。
ストレートタイプとなるのはゲームボーイアドバンスおよびゲームボーイミクロ以来となります。

ストレートタイプになったことで一見タブレットのようにも見えます。
上部に重心が位置し、全体では下部にかけて細くなるくさび形をしています。

ボタン類:3DSよりも使いやすく

2ds-keymap
そのため、3DSとは違い、中心から上にかけてボタン類が集中しているのも特徴です。
ボタン類は基本的には3DSと同じ(ABXY、十字キー、スライドパッド、RLボタン、START/SELECTボタン、ホームボタン、電源ボタン)ですが、2DSは3DSのように閉じることができないため、スリープスイッチが搭載されています。

本体上部にウェイトがあるため、RLボタンが大きく、2DSのコーナーを覆うように配置されています。

また、ホームボタンがNew3DSシリーズと同様に独立しています。通常の3DS/3DSLLなどではSTART/SELECTボタンの間に配置されており、ユーザビリティの観点で使いやすいとはいえないものでした。
それが2DSでは独立しているため、廉価版といえどホームボタンの押しやすさという点では3DS/3DSLL以上です。
New ニンテンドー3DS LL メタリックブルー

この独立したホームボタンはNew3DSシリーズではおなじみですが、発売は2DSの方が早かったため(世界的に)開発中のNew3DSから移植されたか、2DSからNew3DSに輸入されたのどちらかが考えられます。

サイズ:3DSより少し大きめ

サイズは縦127mm × 横144mm × 厚さ10~20.3mm。折りたためないため3DSと比べると見かけ上は大きいです。開けた状態の3DSよりも大きく、3DS LLよりも小さいといったとこでしょうか。

重さは約260g。3DSの重さは230g、New3DSは253gなので少し重い程度と考えていいでしょう。ちなみに3DS LL、New3DS LLはそれぞれ353gと329gとなっています。

カラーラインナップ:懐かしのクリアカラー採用

2ds_blue
本体カラーはクリアレッド、クリアグリーン、クリアブルー、クリアイエローの4つ。
2ds-color
この内のクリアグリーン、クリアイエローは日本限定カラーとなっています。クリアレッド、クリアブルーは欧州でも先行して販売済みです。
また、海外ではクリアカラーではないものが主流となっています。

任天堂 ニンテンドー 2DS - Electric Blue エレクトリック・ブルー【北米版】
任天堂 ニンテンドー
売り上げランキング: 3,176

スペック

ガジェットサイトとしてニンテンドー2DSをスマートフォンなどと同じようにスペックも解説します。

ディスプレイは上画面に3.53インチ、解像度400×240の液晶が採用。3DSでは解像度800×240の液晶が採用されています。3DSでは3D表示を行うために800ピクセルの液晶が採用されていますが、2DSでは3D表示を行わないためにゲームの出力解像度のままというわけです。

下画面には3.02インチ、解像度320×240のタッチパネルが搭載されています。
これらのディスプレイはSHARPが製造しています。

プロセッサ(SoC)には任天堂開発のもの(名称不明)が採用されています。CPUにはARMベースのCPUコアが、GPUにはディジタルメディアプロフェッショナル製のGPUコア「PICA200」が内蔵されています。
2DSでも3DSのゲームがプレイできるため、性能は通常の3DS/3DS LLと大きく変わらないと推測できます。

3DSと同様に最大32GBのSDHCカードが利用可能です。2DS本体には4GBのSDHCカードが付属します。

無線はWi-Fi(IEEE 802.11 b/g)、3DS通信、DS通信、赤外線に対応しています。2DS同士だけではなく3DSとも通信が行えます。

バッテリーは1300mAh。無線、バッテリーともに3DSと同じ仕様で、充電器も共通のものが利用できます。
2ds_back_hardware
カメラは表側に1つ、裏側に2つ搭載されており、2DSですが裏側のカメラは3DSと同様に3Dカメラとして利用ができます。どちらのカメラも解像度60万画素となっています。

その他:周辺機器・機能・価格・発売日

ニンテンドー3DS NFCリーダー/ライター

2DSでは周辺機器として3DS用ACアダプターやNFCリーダー/ライターが利用可能です。
NFCリーダー/ライターを利用することでamiiboの使用はできます。
形状が大きく異なるために3DS用充電台や拡張スライドパッドは利用することはできません。
また、現時点では2DS用の拡張スライドパッドの発売予定は無い模様です。

New ニンテンドー3DS ACアダプター (New3DS/New3DSLL/3DS/3DSLL/DSi兼用)
任天堂 (2008-12-12)
売り上げランキング: 5

対応ソフトは3DSソフト、ニンテンドーDS/DS iソフト。ただし、3DSソフトは全て2D表示になります。
3DSと同様にHOMEメニューをテーマできせかえることが可能です。

3DS/3DS LL本体からのデータの引っ越しにも対応しています。New3DSシリーズからは引っ越し機能は利用できないようです。

発売されるニンテンドー2DSは4種類。それぞれにカラーに対応したバーチャルコンソール『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』がインストール済みです。
価格は税別9980円(税込10778円)となっています。

購入できる店舗はイオン、イオンスタイル、イオンスーパーセンター、Game TSUTAYA加盟店、トイザらス、Amazon.co.jp「ポケモンストア」、ポケモンセンター、ポケモンストアと限られています。

ニンテンドー2DS 『ポケットモンスター ピカチュウ』限定パック
ポケモン (2016-02-27)
売り上げランキング: 129

source:任天堂

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link