G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Microsoft、新型のSurface「New Surface Pro」を発表!Proシリーズ最軽量、Intel KabylakeやLTEモデムを搭載

time 2017/05/26


MicrosoftがSurfaceの新型「New Surface Pro」を発表しました。前モデルは「Surface Pro 4」でしたが、本製品では「Surface Pro 5」とはならずに”New”を冠した製品名となりました。Surface Pro4のスタイルを継承しつつ、Proシリーズで最軽量となり、性能も向上しています。

sponsored link

デザイン:シリーズ最軽量のSurface Pro


「New Surface Pro」のデザインは基本的には前モデルの「Surface Pro 4」と同じです。


キックスタンドとタイプカバーを組み合わせて一般的なノートPCとして使えるラップトップモード、キックスタンドを大きく広げてペンを使ったデザインなどがしやすいスタジオモード、そのまま手に持って使えるタブレットモードの3種類の形態を使うことができます。
New Surface Proのキックスタンドは最大165度まで開くことができるようになりました。


本体サイズは292×201×8.5(mm)で、大きさ自体はSurface Pro 4と同じです。
重さはモデル別にm3:768g、i5:770g、i7:784gとなっています。i5、i7モデルでは前モデルよりも軽くなっています。

スペック:第7世代Intel Core プロセッサを採用


ディスプレイには12.3インチ 2736 x 1824 解像度のPixelSenseDisplayを採用。10点マルチタッチが可能な3:2のタッチパネルとなっています。


プロセッサには第7世代Intel Core m3/i5/i7(コードネーム:KabyLake)を採用。GPUにCore m3/i5にはIntel HD Graphics 615/620が、i7にはより性能が高いIntel IrisPlus Graphics 640が内蔵されています。

メモリーは4GB/8GB/16GBが用意されています。
本体ストレージはSSDで128GB/256GB/512GB/1TBまでモデルによって搭載されています。


無線はWi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1が備わっています。また、LTE通信するためのモデムをオプションで搭載することも可能になっています。


カメラは前面が500万画素、背面が800万画素となっています。
このカメラを利用してWindows Helloの顔認証を利用することも可能です。

インターフェースはUSB 3.0、microSDXCスロット、ヘッドホン端子、miniDisplayポートが備わっています。

価格・発売日

New Surface Proの最低価格はCore m3/SSD128GB/4GBRAMという構成で$799(8万8000円)となっています。
プロセッサやRAM、ストレージをグレードアップするとこれから価格が上昇していきます。

米Microsoft公式では予約受け付け中で、6月15日に発売予定。日本での発売日は未定となっています。

「Surface Pro 5」ではなく「New Surface Pro」として発表したのは「Surface Pro 4」の段階である程度完成されていることの表れでしょうか。
日本での発売日・価格などの続報が入り次第、お伝えしていきます。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2017年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


sponsored link