モトローラ、SIMフリースマートフォン「Moto X4」を発表!デュアルカメラとメタル&ガラスがこだわりのミッドレンジスマホ

Motolora, MotoX


モトローラ・モビリティ・ジャパンはAndroid スマートフォン「Moto X4」を発表しました。ミッドレンジスマートフォンながら、高性能なデュアルカメラを搭載。さらに筐体の素材に金属とガラスを採用し、高級感を高めているのが特徴です。

スポンサーリンク

デザイン:メタル&ガラスのシンクロ


Moto X4が力を入れているのがデザインです。
本体フレームには軽量でなおかつ傷や汚れに強いアルマイトを使用しています。
背面はガラス素材を使用、ガラスの下に反射フィルムがあるため、光が当たると輝いて見えるようになっています。

本体サイズは148.4×73.4×7.99(mm)。重さは163gです。

カラーはスーパーブラック、スティーリングブルーの2色をラインナップしています。

スペック:ミッドレンジながらカメラは高性能なデュアルカメラ


OSはAndroid 7.1.1 Noughtを搭載しています。OSは後日、Android 8.0 Oreoにアップデートされる予定です。

ディスプレイは5.2インチ、1920×1080(FHD、424 ppi)、LTPS IPS液晶を採用。画面保護にGORILLA GLASSが使われています。

プロセッサにはQualcomm Snapdragon 630を搭載。最大2.2GHzのオクタコアCPUを内蔵しています。

メモリ(RAM)は4GB、本体容量は64GB。最大で2TBのmicroSDカードを使用することができます。


バッテリーは3000mAh。15分の充電で最長6時間の駆動を実現するTurboPower機能を搭載しています。

通信は4G(B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28/B38/B40/B41)、3G(B1/B2/B4/B5/B8/B19(B6含む))、2G(850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz)に対応しています。

無線はWi-Fi(802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz))、Bluetooth 4.2(BR/EDR+BLE)、NFC、GPS/GLONASS/Galileo、FMラジオを備えています。

インターフェイスはUSB Type-C、イヤホンマイク端子、microSDスロットが使えます。

また、Moto X4はIP68の防塵防水に対応しています。

カメラ:高性能デュアルカメラと高画質自撮りカメラ

背面のメインカメラはf 2.0で1200万画素のセンサーとf 2.2で800万画素のセンサーを搭載したデュアルカメラとなっています。
デュアルカメラを使って超広角撮影や自然なぼかし写真を撮ることができます。

前面の自撮りカメラははf 2.0で1600万画素のセンサーを搭載しています。
f値2.0のカメラと自撮りフラッシュ/ライト、400万低光量モードで暗い所でもばっちり自撮りができます。

価格・発売日


直販の価格は税抜き5万3800円(税込み5万8104円)で、10月27日より順次発売されます。

高級感あるデザインや高性能なデュアルカメラを備えており、ミッドレンジスマートフォンの中でも頭ひとつ出た印象の仕上がりとなっています。

source:モトローラ

スポンサーリンク