G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

レノボ、moto360(2nd Generation)を正式発表。

time 2015/09/06

Moto360T

今度は、日本でも出ますように。

レノボ傘下のモトローラは、9月2日、自社の円形スマートウォッチ「Moto360」の後継機種、「Moto360 2nd Generation(第2世代)」と「Moto 360 Sports」を正式に発表しました。


sponsored link

新しいMoto360を詳しくチェック!

moto3602015

moto 360 2nd Generationは、前世代で特徴的だった円形ディスプレイを踏襲し、OSも引き続きAndroid Wearを搭載し、CPUもQualcomm Snapdragon 400を搭載しています。

男性向けが42ミリと46ミリの2モデル、女性向けが42ミリの1モデルです。また、ケースも用意されており、シルバーとゴールドは男女共通、男専用色としてブラック、女専用色としてiPhone6sでも登場が噂されているローズゴールドが噂されています。

バンドの種類は男女ともに、レザーバンド2種(ブラック/コニャック(男)・ブラッシュ/グレー(女))とダブルラップバンド(ブラッシュ)を用意しています。

液晶ディスプレイは、46ミリモデルが1.56型で解像度は360×330ピクセル(233ppi)。42ミリモデルが1.37型の360×325ピクセル(263ppi)。カバーガラスはCorning製のGorilla Glass 3をそれぞれ採用しています。

ちなみに、Gorilla Glassは、Spigenのガラスフィルムなどにも使われています。


 

 

Moto 360 Sportsも詳しくチェック!

Moto360S

ちなみに今回、Moto 360 2nd Generation以外にも、新たなバリエーションモデルとしてMoto360 Sportsが用意されています。名称通り、スポーツやフィットネス向けの新モデルです。

GPSセンサーを内蔵し、トラッキング機能を強化しています。また、高い視認性を持つAnyLightハイブリットディスプレイも搭載しています。


さて、いよいよベールを脱いだMoto 360。Android Wearとしては第一世代登場当初から高い人気を誇り、日本でも多くの人が個人輸入して購入するほどの人気商品で、今年の3月には技適認証も通過して合法利用することができるようになりました。

日本のGoogleストアでは、まだ予約・購入できませんが、ページが日本語化されているので、今回は発売に期待していいのかもしれませんね。

ソース:THE OFFICAL MOTOROLA BLOG,Googleストア

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link