G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Windows10に搭載される新ブラウザ「Microsoft Edge」発表!人工知能「Cortana」搭載など新機能まとめ

time 2015/04/30

microsoft-edge
米国カリフォルニアで開催中のMicrosoftによる開発者向けイベント「Build2015」にてWindows10の新しいウェブブラウザ「Microsoft Edge」が発表されました。この「Microsft Edge」はWindows10の発表当初に「Project Spartan」と呼ばれていたブラウザの正式名称です。

sponsored link

Internet Explorerと何が違う?Microsoft Edgeの製品コンセプトは「境界」

Microsoft EdgeはWindows10がそうであるようにPCからタブレット、スマートフォンなど大小様々なデバイスをサポートしたWindows10の標準ブラウザです。

Windows8.1以前の標準ブラウザ「Internet Explorer」(以下IE)は無くなるわけではなく、Windows10には標準で搭載。IEが前提で作られた古いウェブサイトの表示するためなど、互換性の維持を目的で残されます。

Windows10と同じようにフラットデザインを採用し、HTML5などの最新のウェブ技術に対応します。

Microsoft Edgeの「Edge」には使うことと開発すること、共通仕様と個人向け機能の「境界」を無くし、パーソナルかつユニバーサルなものになるという意味があります。
Project Spartanの頃から搭載されていたレンダリングエンジン「EdgeHTML」の名前の由来もここから来ています。

Microsoft Edgeの主な機能

ms-edge-newtab

Microsoft Edgeの主な機能について紹介します。

新規タブページは検索フォームが真ん中に、余ったスペースにはユーザーに合わせたおすすめのコンテンツや天気・株価などの最新情報が画像付きのタイル形式で表示されます。

ms-new-tabs

IEではアドオンという名前だったブラウザ拡張機能。IEではFirefoxやGoogleChromeなどと比較して種類が少なく、自分仕様にカスタマイズするのには向いていませんでした。
しかし、EdgeではFirefoxやChromeなどの拡張機能を移植しやすい仕様になっており、他ブラウザの拡張機能開発者次第ではありますが、拡張機能も他ブラウザ並に充実していく模様です。

WEBページにペンなどでの書き加え、コメントの追加ができる「ノート(注釈)」機能

ms-edge-note01
注釈したページはWEBページとしてそのまま利用することや共有することも可能です。

ページを読みやすく整形するリーディング機能

ms-edge-reding

広告や見出しなどを排除し、画像と統一されたテキストのみにしWEBページを読みやすくする機能。リーディングリストに送ることで他のデバイスでも閲覧が可能になります。

パーソナルアシスタント「Corana」の搭載

ms-edge-cortana-01

ブラウジング中に分からないことがあればCortanaに尋ねることでそれに対する解決方法をCortanaが提案してくれます。
例えば美味しいスパゲッティが食べたい時は、人気のレストランや店舗までの道順、料金などの情報を確認することができます。自然言語つまり人間の話し言葉による音声入力でも動作します。

ms-edge-cortana-02

source:BuildWindows

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link