iPhoneX、初回出荷台数はごくわずかか。日本への割当は1万台強となる模様

Apple, iPhone


10月27日より予約が始まるApple社の新型スマートフォン「iPhone X」ですが、初回の出荷台数がかなり少ない模様です。国にもよりますが、FOXCONNの初回出荷が4万6500台という情報も入ってきました。

スポンサーリンク

FOXCONNの初回出荷がわずか4万6500台?


中国メディア、新華社通信によるとオランダとアラブ首長国連邦向けに出荷がされたiPhoneXの台数は46500台ということです。
出荷された工場はFoxconnの鄭州工場とのことです。

全世界、そして日本への出荷台数は

全世界への出荷台数はまだ判明していませんが、100万台以下という計算や200万台~300万台という情報など以前、はっきりとしていませんが、従来と比較するとかなり少ないことは確かなようです。

ちなみにiPhone6s/6sPlusは初週に1000万台以上を販売したのでいかに少ないかが分かります。

今までのロケーション割当から計算すると日本への割当ては1万台強となる模様です。

iPhone Xの初回出荷はなぜ少ないのか


理由は部品の調達不足です。
Apple InsiderによるとiPhoneXに搭載されるアンテナはiPhone8よりも仕様が厳しく、日本の村田製作所では生産能力を向上させることが難しいため、違うサプライヤーに変更されるなどトラブルもあったようです。

もう一つ、供給が遅れている部品として、カメラがあります。iPhone Xは本体前面に顔認証用を兼ねるカメラと背面にデュアルカメラを搭載します。どのカメラも要求される品質が高く、これが生産が遅延している原因のようです。

iPhone Xは他社に負けじとカメラに力を入れていることが一つの特徴ですが、これが原因で肝心の発売日までに充分な台数を確保ができない可能性も出てきました。

iPhone Xの予約開始日は10月27日、発売は11月3日となっています。

source:appleinsider新華社通信

スポンサーリンク