G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Google、Inbox by Gmailの対応プラットフォームを拡大。

time 2015/02/20

Inbox

 

米Googleは本日、Chrome、Androidスマートフォン、iPhoneに提供しているInboxを、新たにFirefox、Safariでも対応させたことを正式発表しました。

 

inboxbrowser今回のアップデートで、新たにMozila FirefoxとSafariが対応ブラウザに追加されました。

対応ブラウザでinbox.google.comにアクセスすると、新たに使えるようになりました。

Inboxtabletまた、Googleは今回の対応ブラウザ拡大と同時に新たにiPad、Androidタブレットにも対応したことを表明しました。

Inboxは、Gmail開発チームが昨年の11月にリリースしたメールアプリで、UIにマテリアルデザインを採用しており、GoogleカレンダーやGoogle検索と言ったGoogleのサービスでのアクティビティを反映させたり、リマインダー機能を備えたりしています。

ちなみに、まだ日本語では提供されておらず、日本からアクセスしても英語が表示されます。

Inboxは現在、誰でも利用可というわけではなく、招待制で、inbox@google.comにメールを送る方法と、既にInboxを使っている人に招待してもらう方法の2つの種類が用意されています。

また、Googleは、Inboxユーザーの70%がAndroid端末で、28%がiOS端末、34%がChrome(PC版・モバイル版)からのアクセスだと発表しています。


Gmailとは一線を画したGmailの開発チームが提供したメールソフト、Inboxですが、実はInboxは、Windowsに標準搭載されているInternet Explolerからはアクセスできず、Google ChromeかFirefoxかSafariをダウンロードするメッセージが表示されてしまいます。

IEInbox

マテリアルデザインを搭載し、Android、iOS、PCで提供されていて面白そうな機能も搭載しているInboxですが、Internet Explolerで利用できるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

ソース:ITMediaニュースGmail公式ブログ

 

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link