G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Apple、iMacファミリーをアップデート。21.5インチiMacはRetina 4Kインチディスプレイモデルが標準モデルに。

time 2015/10/14

iMacRetina-Hero-PR-PRINT
並み外れたRetinaとけた外れのRetinaが登場。

Appleは本日、iMac 21.5インチモデルと、iMac 27インチモデルのラインナップを刷新したことを正式に発表しました。

また、Appleは、iMacファミリーの刷新を発表したプレスリリースにおいて、Magic Trackpad、Magic Keyboardシリーズを刷新したことも同時に発表しました。

sponsored link

iMac 21.5インチ Retina 4Kディスプレイモデル

imac-215-retina-selection-hero-201510

新しい21.5インチのiMacは、Retina 4Kディスプレイと第6世代Intel Core i5プロセッサまたはIntel Core i7プロセッサを搭載しています。

1920×1080(FHD)解像度のIPSディスプレイから、4096 x 2304(4K)のRetinaディスプレイに向上したことで、NetflixやYoutubeなどでの動画再生時には、今まで以上に美麗な映像を体験することが可能です。

iMac21.5インチディスプレイモデルは、クアッドコアIntel Core i5プロセッサ搭載モデルは、172,800円で本日から発売開始予定です。

また、24000円追加でIntel Core i7プロセッサに変更する事が可能です。

iMac 27インチ 5Kディスプレイモデル

imac-27-retina-selection-hero-201510

iMac 27インチ Retina 5Kディスプレイモデルは、Retina 5Kディスプレイと第6世代Intel Core i5プロセッサをそれぞれ搭載しています。

1920×1080(FHD)解像度のIPSディスプレイから、5120 x 2880(5K)のRetinaディスプレイに向上したことで、NetflixやYoutubeなどでの動画再生時には、今まで以上に美麗な映像を体験することが可能です。

iMac 27インチ Retina 5Kディスプレイモデルは、デュアルコアIntel Core i5搭載モデルは、126,800円から、クアッドコアIntel Core i7搭載モデルは、148,800円と172,800円で本日から販売開始予定です。

快適さも機能性もかつてないレベルに。Magic Mouse 2/Magic TrackPad 2/Magic Keyboard 2登場。

Appleaccessory

Macとのデバイスはバッチリ。「快適さも機能性もかつてないレベルに。」のキャッチコピーとともにMac周辺機器も刷新です。

Magic Mouse 2

MMO2

Magic Mouse 2は、Magic Mouseシリーズの流れを汲んだiMacに標準で同梱されるMagic Mouseの第2世代モデルです。流線形の丸みを帯びたフォルムはそのままに、背面にiPhone5以降、第4世代iPad以降に搭載されているLightningポートが搭載されており、充電が可能です。

Magic Mouse 2は初代よりも軽く、接地部分の設計を変更して滑りをよりスムーズにした点が大きな特徴です。また、バッテリーを内蔵にしたことで、底面カバーが一体となり、可動部品も減少しております。また、耐久性が上がったのも1つの特徴ですね。

Magic TrackPad 2

MTP2Magic TrackPad 2は、Magic TrackPadで特徴的だったマルチタッチジェスチャーを継承しつつ、新たにForce Touchに対応したトラックパッドです。

また、Magic TrackPad2も、Magic Mouse2と同様にLightning端子が搭載されている為、Lightningケーブルで充電が可能です。

Magic Keyboard 2MK2

新しいMagic Keyboard2は、本体が薄くなり、キーの高さが低くなったため、今まで以上に快適で正確な入力が行えるようになりました。

また、Magic Keyboard2も、Magic Mouse 2やMagic TrackPad2同様、Lightning端子を搭載しており、Lightningケーブルを用いたUSB充電が可能になっています。


さて、満を持して登場した新しいiMacファミリーと素晴らしい周辺機器たち。

今回の目玉は、何と言っても「iMac Retina 4Kディスプレイモデル」でしょうか。このアップデートにより、iMac 21.5インチモデルもRetinaディスプレイが標準となり、iMacからRetinaディスプレイ非搭載モデルが消滅したことになりました。

One Windowsを掲げ、躍進するMicrosoftに対抗する形となり、今回ラインナップを今まで以上に強化してきたApple。

Apple製品の為に、一から設計した新しいフォント「San Francisco」も開発され、AppleとMicrosoftの競争は今まで以上に激化しそうですね。

ソース:プレスリリース(10月13日)

 

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link