G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

郵便局でスマホが買えるように!日本郵便、IIJと共同で格安SIMとSIMフリースマホをセットで販売へ

time 2016/07/06

japanpost-logo

郵便局でもスマホが買えるようになります。日本郵便はインターネットイニシアチブ(IIJ)が提供するIIJminoの格安スマホのカタログを郵便局に置いて、販売を行います。格安SIMとSIMフリースマートフォンのセット販売となります。

sponsored link

月々の料金は端末代込みで2980円(税別)から

iijmio-logo

通信サービスとして、IIJmio 高速モバイル/Dサービス「ミニマムスタートプラン」の音声機能付き SIM(みおふぉん)を、端末として富士通の「arrows M03」 がセットで販売されます。

プラン:IIJmio 高速モバイル/Dサービス「ミニマムスタートプラン」

ミニマムスタートプランは名前の通り、IIJmioの月額の通信容量が最も小さいプランとなります。最も小さいですが、毎月3GB分もの通信が可能となっています。
以下がプランの料金表となります。

初期費用 3,000円(税込3,240円)
通信料金 1,600円(税込1,728円)
端末代金 1回払い:32,800円(税込35,424円)

24回払い:1,380円(税込1,490円)

月額料金 2,980円(税込3,218円)

※通信費+端末分割代金

通話料 20円/30秒
端末補償
オプション
380円

 

arrows M03

arrows-m03-00

IIJ mioのSIMとセットで提供されるのが富士通のSIMフリースマートフォン「arrows M03」です。

arrows M03は5.0インチHDディスプレイにクアッドコアCPUと2GBメモリを搭載したスタンダードな格安スマートフォンです。

メインカメラに1300万画素のCMOSセンサを搭載、防水防塵仕様だったり、SIMフリースマートフォンながらおサイフケータイの利用ができるのが富士通らしい点です。

最新機種なだけあり、OSはAndroid 6.0となっているのもポイントでしょう。

購入方法

jp-iijmio

郵便局の店頭に設置されたカタログを入手し、電話もしくはハガキで申し込み書を請求し、申し込みます。
申し込むと、IIJmioのSIMカードがセットされた状態でスマートフォンが届きます。

ネットワークの設定などがされた状態で届くので電源をつければすぐに使うことができます。
また、郵便局で販売される格安スマホは届いたら電源を入れるとすぐに使えるため、スマートフォン初心者や高齢者の方でも簡単に使うことができます。

カタログの設置地域は2016年8月1日より東海4県(岐阜・愛知・静岡・三重)の郵便局2050局にて取り扱いを開始し、順次全国にも展開していきます。

日本郵便とIIJmioの狙い

japan-post-illust

日本郵便は全国のほとんどの地域で郵便局を展開しており(全国で2万4000局ほど)、その地方のカバー力では他の追随を許しません。
コンビニ店舗数全国1位のセブン・イレブンの約1万7000店よりも多いといえばその多さが伝わるでしょうか。
ちなみにドコモショップの全国店舗数は約2400店となっています。

飽和しつつあるスマートフォン市場で未だスマートフォンの所持率が低いとされる子供と高齢者に販売を進めたいのが格安SIM事業者ですが、その高齢者人口の割合が高い地方に展開している郵便局と手を組めるとなればまさに渡りに船といったところです。

東海地方での試みが成功すれば順次全国に展開するということで最終的には2万を越える店舗でスマートフォンの販売がされることになります。
この販路でIIJmioが販売できるとなれば戦国時代とも言われる格安スマホ業界も大きく勢力図が変わる可能性があります。

source:日本郵便,IIJ

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link