G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

さらば、IE!?Microsoft、長年使い続けてきたInternet Explolerブランドを廃止することを計画か?

time 2015/03/22

IELogoflat

 

さようなら、Internet Exploler。そして、こんにちはProject Spartan?

スラッシュドットは、Microsoftが自社のブラウザ”Internet Explorer”(以下IE)ブランドを廃止し、Project Spartanブランドに置き換えると報じられています。

Internet Explolerは、1995年のWindows 95に同梱される形で、NetscapeやCyberdogを追い抜く形で、インターネットブラウザの定番ソフトとなりました。

しかし、その一方で近年ではMozillaのFirefoxやGoogleのChromeなどにシェアを奪われがちです。

Browser

IEがシェアを奪われる理由

IEƒバージョンChromeƒバージョンƒ‡ƒ“ƒŠƒ年月
702008”年9ŒŽ月
712008”年12月ŒŽ
812009年3月ŒŽ
9102011年3月
9202012”年6月
10282013”年7月
11402015年1月

IEがシェアを奪われる理由は、アップデートのリリースサイクルにあると言っても過言ではないでしょう。

上記のテーブルを見ていただければ、分かる通り、IEのリリースサイクルは、2年に1回。Chromeは、現在特別な例外を除いて、3ヶ月周期でアップデートがリリースされている状況です。

因みに、Chromeの高頻度なアップデートはネット上では、主に「ラピッドリリースサイクル」と呼ばれています。

 

上記この独自のリリースサイクルを維持しているIEは、HTML5やCSS3などと言った新しいウェブ標準の対応に遅れているのが事実です。

BrowserGraf

(HTML5Test.comの2015年3月22日現在でのデータ)


 

Project Spartanは、現時点では名称も決まっていない段階で、Windows 10の最新プレビューバージョンにも搭載されていない模様ですが、Microsoftの名を冠する予定だということは、スラッシュドットの記事からわかります。

インターネットの一時代を築き上げたIEは、どうなってしまうのでしょうか。今後の情報に期待ですね。

ソース:スラッシュドット

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link