G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

新しい地上波放送サービス「i-dio(アイディオ)」、2016年3月より全国で展開へ

time 2016/03/03


2016年3月より「i-dio(アイディオ)」という新たな地上波放送サービスが開始されます。本記事では「i-dio」とは何か、どんなサービスなのかをご紹介します。

sponsored link

テレビ、ラジオに続く”第3の放送”サービス

idio-service-01
「i-dio」は簡単に言えば地上アナログ放送が停波した電波帯を用いて行われる放送サービスのことです。
地上アナログ放送は2011年7月24日に終了。それに伴い、アナログ波が利用していた周波数帯(VHF-Low帯=99MHz~108MHz)が空くことになりました。
その空いた周波数帯を利用して創設されるのが第3の放送サービス「i-dio」です。

「i-dio」は映像と音声だけではなくデジタルデータも送信が可能。また、放送波で送信するため、通信とは異なり、輻輳もなく、不特定多数に情報を送ることができるとのことです。

コンテンツとしては地上波最高音質の音楽チャンネルや、ドライブに役立つチャンネル、アニメ・ショートムービーを中心とした映像チャンネル、その他に地域ごとのローカルチャンネルなどが予定されています。

>>チャンネル一覧 i-dio 新放送サービス

対応端末

Covia SIMフリー スマートフォン ワンセグ対応 i-dio Phone ( Android5.1 / 5inch / LTE / W-CDMA / microSIM / 3000mAh / 2GB / 16GB )  CP-VL5A

「i-dio」を受信するには専用のチューナーが必要。i-dio専用チューナーを内蔵したスマートフォンとして、Coviaから「i-dio Phone」が発売されています。つまり現時点でスマートフォンとしては「i-dio Phone」でしか利用できないようです。

idio-service-wifituner

手持ちのスマートフォンで利用するには「i-dio Wi-Fiチューナー」が必要。「i-dio Wi-Fiチューナー」は事前に募集したモニターに配布されている他、i-dioの公式サイトでも第二期無料モニターが募集されているので興味があれば申し込んでみましょう。

idio-sevice-tunerbox
また、4月には車載用の「TunerBox」が発売されます。これは温度変化の激しい車内を想定されて作られている模様。フィルムアンテナをフロントガラスに貼り付けることによって感度を高めることができるようです。

i-dio

i-dio
無料
posted with アプリーチ

対応端末が用意できれば後はi-dioアプリを手持ちのスマートフォンにインストールすることで「i-dio」が受信可能です。

放送地域

idioservice-area
放送地域は全国を7エリアに区分し、6つの放送会社が地域ごとの特性にあわせたサービスを提供していくとのことです。
関東・甲信越、近畿、九州地方については3月より開業中。東京、大阪、福岡の3都市近郊では「i-dio」放送を利用できる模様です。

地上アナログ波の停波で空いた周波数帯を利用した放送サービスといえば、NTTドコモが運営していた悪名高いモバキャスおよびNOTTVがつい思い浮かびますが、この度の「i-dio」は専用チューナーが必要とはいえ、契約の要らない無料放送なのが決定的に異なる点でしょう。

ラジオより高音質でテレビよりも自由度の高い「i-dio」、既存の放送サービスと肩を並べるほどに魅力あるサービスに今後、発展していくことに期待しましょう。

source:i-dio

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link