G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Google、Google+をフォトとストリームに分離することを正式に発表。

time 2015/03/03

G+logo

Google Wave、Google Buzzの二の舞いになってしまうのでしょうか?新たなサービスの船出としてサービス開始に水兵帽まで配られたGoogle+が、沈没の危機を迎えようとしています。

そもそもGoogle+とは何?

日本ではFacebookやTwitter、mixiなどが主流のSNSですので、あまり知らない方もいらっしゃると思います。下記の動画を見て頂けると分かりやすいです。

Google+には、+1ボタンというものが存在し、投稿に+1することができます。また、+1ボタンがなくてもFacebookやTwitterみたいに動画を共有することができます。

また、他のSNSにはない最大の特徴として、Google+にはサークルというものが存在します。サークルは、Twitterのリストのようなもので、ユーザーをサークルごとに分類することができます。例えば学校の友だち、スポーツチーム、部活の仲間などなど楽しみ方は自由。

この他にもFacebookのシェアに近い共有やコメントをすることができます。


さて、なんでそんなGoogle+が何故沈没しようとしているのでしょうか?

噂から沈没寸前へ

事の発端は、ただのインターネット上の噂でした。しかし、その後Google+で、ブラッドレイ・ホロウィッツ氏の以下の発言をしたことで、噂は現実になりました。

Just wanted to confirm that the rumors are true — I’m excited to be running Google’s Photos and Streams products!  It’s important to me that these changes are properly understood to be positive improvements to both our products and how they reach users.

訳:私はGoogleの写真とストリーム製品を実行することに興奮 – ちょうど噂が本当であることを確認したかった!それは、これらの変更が適切に当社の製品およびそれらがどのようにユーザーに届くの両方にプラスの改善であると理解されているように私には重要です。

(以上Google+のブラッドレイ・ホロウィッツの現地時間2015年3月2日の投稿より)

少し長いので、この発言をコンパクトにまとめますと、「噂は真実。Google+フォト・Google+のストリーム機能を分離する」というものになります。


私自身、Google+は一線を退いておりますが、一線を引いた後も、FacebookやTwitterとは違う方の情報を知る目的で閲覧していました。

Googleは、過去にGoogle Wave、Google Buzzと言ったサービスを提供していますが、お世辞にもいい結果が出たとは言えませんでした。

一部のメディアでは「Google+は死んだ」などと報道されていますが、過去のサービスの二の舞いにならないように引き続きサービスをとして継続、そして浮上することを祈ります。

ソース:ITMedia,Google+

 

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link