G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

中国Elephone、超ハイエンドスマホ「Elephone P9000」を発表!世界初のデカコア(10コア)CPU内蔵SoCのHelio X20と4GBRAMを搭載

time 2015/06/25

elephone-p9k
中国のスマートフォンメーカーElephoneがデカコア(10コア)CPUを内蔵したSoC「Mediatek Helio X20」を搭載した「Elephone P9000」を発表しました。4GBのRAMを搭載するなど超ハイエンドな仕様が特徴です。

sponsored link

Elephoneとは?

elephone-logo

Elephoneは中国のスマートフォンメーカー。低価格かつそこそこの性能のスマートフォンの開発を得意とする典型的な中華端末メーカーです。
最近は特にコストパフォーマンスが高い製品を作っているので知名度が上昇しています。
ブランド名の由来は電話を意味するPhoneとゾウを意味するElephantの造語です。

Elephone P9000は世界初の10コアCPU搭載スマートフォン

elephone-p9k

Elephone P9000は最近ヒット商品となったElephone P7000/P8000の後継機種です。

端末のデザインは未公開ですが、今まで通りでいけばシンプルな作りで背面にElephoneのロゴが入ったものになると考えられます。
ディスプレイサイズは5.5インチでフルHD(1920×1080)IPS液晶を採用しています。
端末サイズ(縦×横×厚み)は152.6mm x 76.2mm x 8 mmで重量は150gです。
カラーはブラックとホワイトの2色となっています。

発売前ですがスペックは公開されています。プロセッサには10コアCPUを内蔵するHelio X20 MT6797、メモリ(RAM)は4GBと現行のスマートフォンよりもかなりの高性能です。

本体容量は32GB、外部ストレージとして最大128GBのmicroSDが利用可能です。
電池容量は3100mAhで、取り外しできます。

カメラはメイン(背面)が2070万画素、フロント(前面)が800万画素となっています。

無線はLTE、Wi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz))、Bluetooth v4.0、NFCに対応しています。
デュアルSIMカードスロットを備えており、同時待ち受けも可能です。

OSにはAndroid 5.1 Lolipopを搭載しています。

未発売ですが購入時にAC充電器、USBデータケーブル、ユーザーズマニュアル(英語)、保護フィルムが付属する予定です。

10コアCPU内蔵SoC「Helio X20」とは?

helio-x20

Helio X20は中国の半導体メーカーMediatekの最新SoC。正式な型番はMT6797です。

MT6797は心臓部であるCPUが3つのクラスタに分かれており、それぞれが高負荷、中負荷、低負荷を担当しています。
注目したいのは高負荷を受け持つCPU部にARMの最新CPUコア「Coretex-A72」を採用していることです。これは記事執筆時点(6月)での高負荷処理用CPUコア「Coretex-A57」の次世代に当たるCPUコアです。QualcommやSamsungのハイエンドSoCにはCoretex-A57が採用されています。Coretex-A72はより高性能で32bit世代のCoretex-A15からは3倍以上、A57からは1.3倍以上の処理能力向上を果たしています。
Mediatekはその高性能なCPUコアのA72を既存の省電力CPUコア「Coretex-A53」と組み合わせ、スマートフォン向けSoCとは初となる10コアCPUコアを持つ「Helio X20 MT6797」を開発しました。

mt6797-10core-cpu

Helio X20はCortex-A72 2.5GHzが2基、Cortex-A53 2GHzが4基、Cortex-A53 1.4GHzが4基内蔵されています。前述のようにA72では重い処理を受け持ちます。省電力CPUコアのCoretex-A53は合計8基搭載されていて、周波数が高い方が中程度の処理、低い方は軽量な処理を担当します。
この振り分けで処理によって適切な消費電力でプロセッサが駆動、快適な動作と電池持ちを実現します。
MediaTekによると自動車がギアを徐々に変えるのに喩えています。

heliox20-3gear

価格・発売日

価格は中華端末としては比較的高額な499.99ドル(約6万2000円)と低価格を得意とする中国企業といっても最新のSoCを使うだけあって今までと同じ価格というわけにはいかないようです。しかし、それでも6万円とP9000よりも性能が低い有名メーカーのハイエンド機が8万円以上と考えると、コストパフォーマンスは依然として高いままです。

発売日は10月20日を予定しています。

source:Elephone

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link