G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Dropbox、クラウド上のファイルをローカルのファイルのようにアクセスができる「Project Infinite」を計画

time 2016/04/26

dropbox-infinite-01
Dropboxが大きく変わる計画を発表しました。その名も「Project Infinite」。クラウド上に保存されたファイルをさながらコンピュータのローカルディレクトリに保存されたファイルのように扱うことができるようになりそうです。

sponsored link

Dropboxとは?

dropbox-logo
Dropboxは手持ちのファイルをDropBoxが管理するクラウドシステムにアップロードして預け、それをDropboxアプリケーションをインストールしたPCからいつでも同期してファイルを扱うことができるというサービスです。

現在ではPCだけではなく、スマートフォンからでも利用可能です。

Dropboxの特徴は専用のフォルダにファイルを保存すればアプリケーションが自動でクラウドシステムと同期してくれる簡便性です。
また、指定のフォルダを別のユーザーと共有することもできます。

無料プランは2GB、有料プランでは最大1TBまで容量が用意されています。
無料プランは容量が少なめですが、各種のキャンペーンによって容量を増やすことも可能です。

このようにクラウド上にファイルをアップロードして保存するサービスのことをクラウドストレージサービスといいます。クラウドストレージサービスは最近かなり数が増えていますがその中でもDropBoxは割りと歴史がある古株です。

Project Infiniteの概要

dropbox-infinite-00
上でも説明しましたが、Dropboxは専用のフォルダにファイルを保存することでクラウドにも同期されます。

この専用のフォルダというのがPCならハードディスク上のフォルダに作成されているものでここに保存するということはハードディスクの容量を喰うことになります。
PCのハードディスクならまだ容量は余裕があるものの、スマートフォンなどモバイル端末になると容量が少ないためにかなり保存容量を減らすことになります。

そこでDropboxが発表したのがProject Infiniteで、ファイルそのものはクラウド上に保存されているのですが、それをローカルディレクトリにあるファイルとして扱うことができるというものです。
さながら、外部ストレージのように使うことができるようになると捉えていいでしょう。

完全にクラウド化されたからといってアクセスが遅くなったわけではありません。Dropboxによるとリアルタイム性を重視しているということです。

dropbox-infinite-03dropbox-infinite-02
Dropboxのクラウドシステムに保存されているファイルはクラウドを表す雲のマークが、自分のローカルディレクトリにも保存されているファイルは緑のチェックマークが付いています。

dropbox-infinite-04
このクラウドに保存されているファイルはOSから見るとファイルサイズは表示されますが、ディスク上のサイズは0byteとなっています。

dropbox-infinite-06
また、ファイルを直接関連するプログラムから開くこともできます。
もちろん、編集すればクラウドのファイルにも反映されます。

dropbox-infinite-05
クラウドのみにあるファイルをローカルにも保存するときは右クリックから簡単にできます。

以上がDropbox のProject Infiniteの主要な機能となります。
この計画がスタートすればDropboxがより便利になるのではないでしょうか。今後の展開に期待です。

source:Dropbox blog

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link