G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

ドコモ・auがSIMロック解除についてアナウンス。インターネットでのロック解除は無料に!

time 2015/04/22

NTTドコモ、KDDIがSIMロック解除の手続き方法について報道機関向けに発表しました。解除料金は窓口などでは3000円、購入日から180日など色々とルールがあるようです。

sponsored link

ドコモ、auともにインターネットでのロック解除は無料!

総務省の「SIMロック解除に関するガイドライン」が変更されたことにより、2015年の2015年5月1日以降に発売される機種はSIMロック解除が義務化されました。

ドコモはこれまでも全国のドコモショップ店頭窓口にて3000円でロック解除に応じてきました。

今回の報道発表では5月以降に販売される端末についてはドコモだけでなく、auでもロック解除ができるようになります。

ドコモ、auどちらについてもショップ窓口での手続きには事務手数料として3000円、ウェブ上では無料で手続きを応じる模様です。

以下に各社のルールについて簡単にまとめます

NTTドコモ

対象機種 2015年5月1日以降に販売される機種 2015年4月30日以降に販売された機種
場所 ドコモショップ インターネット ドコモショップ
料金 3000円 無料 3000円
条件 180日 無し

5月以降に販売される機種について、ドコモは購入日から何日というような条件は特に発表されていないので、それ依然の機種のように無しの可能性が高いです。

また、ドコモケータイ(いわゆるドコモのガラケー)、Xiデータ通信専用端末についてはインターネットでの解除手続きは行えず、ドコモショップでのみ受け付けます。

au KDDI

対象機種 2015年5月以降に販売された機種
場所 auショップ ウェブサイト
料金 3000円 無料
条件 購入日から180日以降 ・購入日から180日以降・au回線契約者

 

auもドコモと同じくウェブサイト上での解除は無料ですが、こちらはau回線契約者のみとなっています。

また、5月以前に販売された機種に関して解除が行えるかどうかは未発表。先日発表されたGalaxy S6 SOV31に関してはSIMロック解除が可能な機種のようです。

解除受付が完了しただけではSIMロック解除はされず、以下の手順を踏むことが必要になります。

au端末でのSIMロック解除方法

[1] 他社のSIMカードを挿入
[2] 電源を投入してWi-Fiに接続
[3] 設定ファイルの更新 (設定ファイルのダウンロードおよび端末再起動)

ついに始まるSIMフリー時代、ところであのキャリアは?

softbank-dog
SIMロック解除された端末は通信事業者(キャリア)に縛られないSIMフリー端末となります。
キャリアのSIMを使うも良し、MVNOの格安SIMを使っても良しとユーザーにとって選択肢が増え、自由にSIMカードの入れ替えてスマートフォンを使うことができます。

ドコモとauからはSIMロック解除についてアナウンスされましたが、ソフトバンクモバイルおよびその傘下のワイモバイルに関しては特にまだ発表がありません。

source:docomo,KDDI

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link