G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

3000円で買える音質とコスパに優れたPCスピーカー「Creative Inspire T10」

time 2015/09/29

inspire-t10
本記事ではCreativeの「Inspire T10」というPCスピーカーをご紹介。3000円で買えるものとしては飛び抜けて評価が良いため、その秘密に簡単に迫っていきます。

sponsored link

外観

inspire-t10
Inspire T10は見た目は普通の箱型のスピーカーですが、よく見るとかなり違うことが分かります。
全体的に丸みがあり、本体は光沢のある素材でできています。

正面は四角いものの、奥に向かってなだらかに傾斜しており、スピーカー全体がわずかに斜め上に向いています。
この傾斜があることによって設置した時にちょうど音を聴く人の耳に届くようになっています。

サイズは約8.8×19.4×13.2cm。重さは2kgとコンパクトに収まっています。

インターフェース

inspire-t10-01
本体正面には二つのスイッチがあります。
片方は電源スイッチ兼ボリュームコントローラー。もう片方はTONEとなっていますが、バスレベルコントロールです。これは低音の量を調整することができるスイッチとなります。
inspire-t10-02
入出力端子について。入力は3.5mmステレオミニジャックおよびAUX端子。出力はステレオミニジャック(ヘッドフォン出力)となっています。

電源はACアダプターから入力します。

ステレオミニケーブルとACアダプターは最初から付属しているので買ったその日にすぐ使うことができます。

音質

music-soundjpg
スピーカー正面に見える二つの丸いユニット。これがInspire T10の音の良さの正体です。
大きな丸いユニットはミッドレンジドライバーという中音域を主に担当するドライバーユニット。そして小さなユニットがツィーターといって高音域を担当するドライバーとなっています。
inspire-t10-03
高音と中音、それぞれのユニットを備えているためどちらの音域においてもクリアな表現が可能になっています。

高音、中音とすると残るは低音ですが、そちらもInspire T10は抜かりがありません。
スピーカー上部に低音用のバスレフポート「BasXPort」を搭載。サブウーファーが無くとも深みのあるリッチな低音域を再生します。
inspire-t10-04
スピーカーの出力は5W(ワット)。周波数特性は80Hz~20KHzとなっています。

評価

inspire_t10
Amazonによる評価ですが、全部で430件あるうちの237件が最高評価の星5つ。多くのユーザーに高い評価を受けているようです。

やはり約3000円という価格ながらもしっかりとしたオーディオ体験ができることが好評なようです。

Creative Inspire T10はACアダプターを使用するため、据え置きのゲーム機や液晶テレビ、デスクトップPCなどの用途に適しています。
ノートPCなどには少し値段が上がりますが5000円前後のバスパワースピーカーのPebblesがおすすめです。

音質は良い方がいいけどお金は節約したいという人やスピーカーの入門をしたいという人にはとても良いスピーカーといえます。

Creative ステレオスピーカー Inspire T10 IN-T10
クリエイティブ・メディア (2007-10-31)
売り上げランキング: 515

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link