G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Covia、小型SIMフリースマートフォン「FREAZ NEO」発表。4インチディスプレイにAndroid 5.1搭載

time 2015/11/16

freaz-neo-01
コヴィア・ネットワークスは同社スマートフォンブランド「FREAZ」から「FREAZ NEO」を発表しました。Coivaといえば低価格なエントリークラスのスマートフォンを開発しているメーカーです。例に習って「FREAZ NEO」は低価格機ですが、4インチディスプレイ搭載と昨今では珍しくなった小型端末です。

sponsored link

デザイン:4インチディスプレイ搭載の貴重な小型端末

freaz-neo-01
FREAZ NEOの最大の特徴は4インチのディスプレイを搭載した小型端末であるということです。最近のスマートフォンは5インチクラスのディスプレイを搭載したものが多く、4インチ前後の端末はなかなか珍しいと言えます。

本体サイズ(縦×横×厚さ)は124×63.6×9.9(mm)。重さは120gとコンパクトな仕上がりとなっています。

カラーはブラックのみです。

スペック:1.3GHzクアッドコアプロセッサ搭載

freaz-neo-03
FREAZ NEOはのディスプレイ解像度は今時珍しくなったWVGA(800×480)。2点のマルチタッチに対応しています。

Coviaによるとプロセッサ(SoC)には1.3GHzクアッドコアを搭載。この1.3Ghzクアッドコアプロセッサというのは随分とアバウトな表記ですが、MediaTek製のSoCであるMT6732では無いかと推測できます。

メモリ(RAM)は1GB、本体容量は8GB。最大32GBのmicroSDHCに対応しています。
freaz-neo-04
電池容量は1700mAhです。

無線は3G(HSPA+)、IEEE802.11b/g/n (2.4GHz)、Bluetooth 4.0+BLEを備えています。4G(LTE)、5GHzのWi-Fiなどには非対応です。
SIMフリーで、SIMスロットを2つ(miniとmicro)備えています。同時待ち受けはできず、本体側で切り替える必要があります。
freaz-neo-camera
カメラは背面に500万画素、前面に200万画素のセンサを搭載しています。

その他

freaz-neo-02
OSはAndroid 5.1を搭載しています。
FREAZ NEOはSIMフリースマートフォンのため、docomoおよび各社MVNOなどのSIMカードを利用することができます。その為、かんたんにAPN設定を行えるアプリが標準でインストールされているようです。

価格は9800円+税(税込み10,584円)となっています。

source:Covia

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link