G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

日本発の新オーディオブランド「campino audio」誕生。壺形ハイレゾイヤホンや高音質ワイヤレススピーカーを先行予約販売へ

time 2016/05/04

campino-audio-product

元大手オーディオメーカーのエンジニア&デザイナーが集結して日本発の新オーディオブランド「campino audio」が誕生しました。campino audioでは自社開発製品としてハイレゾイヤホンや高音質ワイヤレススピーカーを先行予約販売することを決定しました。日本のクラウドファウンディングサイト「Makuake」にて先行予約が受け付けられます。

sponsored link

壺がモチーフのハイレゾイヤホン CP-IE300H

cp-ie300h

campino audioが先行予約販売するイヤホン「CP-IE300H」は壺をモチーフにデザインがされています。
壺型にした理由は音を美しく共鳴し、ノイズの無い澄んだ音を生み出すとのこと。ハウジングは剛性の高いアルミニウムを採用、本体に丸みをもたせることで耳への違和感を和らげてフィット感を実現しました。
また、壺形にしたことにより、小型でも音がハウジング内部で響くだけの空間を確保でき、自然で奥行きのある低音を実現したと説明しています。

cp-ie300h-driver
イヤホン自体はダイナミック型ドライバーを採用。ハイレゾ対応を謳うだけあり、再生周波数特性は5Hz~45KHzとなっています。

cp-ie300h-cable
ケーブルは4芯独立構造で芯線には無酸素銅(4N OFC)を採用。表面はからみにくいセレーション加工がなされています。長さは1.2mです。

cp-ie300h-color
カラーはWhite、Black、Gold、campino Orangeの4種類。その内のGoldとCampino Orangeは初回限定生産となっています。
また、ブラックのイヤホンには黒、その他のカラーには白のイヤーピースをそれぞれ4サイズが用意されています。

販売予定価格は6,500円(税込)。Makuakeで出資すると1300円OFFの5200円で購入可能です。

ハイレゾポータブルスピーカー「CP-SP500H」

cp-sp500h-edge
先行予約対象のスピーカー「CP-SP500H」の特徴は裏表の概念を排除したこと。筐体全体をグリル状の金属で覆うことによって、生活の中に溶け込みながら、その場の環境の中でさりげなく存在感を醸し出すと説明しています。
こちらも壺形イヤホンと同様に焼き物のデザインが一部採用されていて、スピーカーの底面は焼き物の器の高台をモチーフに。これにより、スピーカー本体の剛性を上げ、安定性が向上。また床への設置面積を減らすことにより、不要な共振を抑える効果を狙っています。

cp-sp500h-compact
筐体はコンパクトなのも特徴です。サイズは230×70×69(mm)で質量は約960gとなっています。

cp-sp500h-system
スピーカー本体はフルレンジスピーカー、ツイーター、デュアルパッシブラジエーターで構成されています。また、それぞれ4つの独立したアンプで駆動、左右の音のセパレーションを追求。高音の広がりと引き締まった低音を実現します。

また、CP-SP500HはBluetooth接続が可能。高音質コーデックであるaptX、aptX LL、AACに対応しています。

cp-sp500h-color
カラーはWhite、Black、Blueの3種類。その内、Blueは初回限定生産となっています。

販売予定価格は14,800円(税込)。Makuakeで出資すると2000円OFFの12,800円で購入可能です。

campino audioとは

campino audioは元大手オーディオメーカーのエンジニア&デザイナーが集結して立ち上げた日本発の新しいオーディオブランドです。

コンセプトは「音の器」。テーブルに置かれる食器が料理を引き立たせるように、「音」を主役とし、音を演出するための道具をコンセプトにデザインしているようです。

また、コストパフォーマンスにもこだわりを持っており、「音質」「デザイン」「価格」の3つを徹底的に追求しているとのことです。
シンプルを合言葉に製品の満足感が損なわれないよう最大限の注意を払いながら、無駄な機能をそぎ落とし、音を最大限に向上させているようです。

また、問屋や家電量販店を通さない直販専門のブランドなので、必要以上のパッケージを簡略化、無駄なコストをカットするなど、流通・販売面でもシンプルさを重視しています。

いわゆるスタートアップ企業ですが、品質は大手と同等の基準を採用。安心、安全に関わる設計は日本で行い、バッテリーセルも日本製にするなどこだわっている印象を受けます。

クラウドファウンディングサイトMakuakeでは上記製品の出資を求めて、募集を行っています。目標額は50万円ですが、既にそれを大きく上回る300万円以上の出資金を集めています。

>> campino audioハイレゾイヤホン&スピーカー:スマホ時代にこだわる音楽 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link