G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

BlackBerryのAndroidスマートフォン第二弾か?コードネーム「Vienna」とされる端末の画像がリーク!

time 2015/11/16

blackberry-vienna-01
BlackBerryといえば、先日発表されたAndroidスマートフォン「BlackBerry Priv」が記憶に新しいですが、早くも次なるAndroidスマートフォンの情報が入ってきました。コードネーム「Vienna(ヴィエナ)」と呼ばれるストレート型の端末です。

sponsored link

ViennaはBlackBerryスタイルを継承しながらも縦長になったのには深い理由が?

blackberry-vienna-android
BlackBerry “Vienna”は縦長のスマートフォンで、ディスプレイの下にBlackBerryの個性とも言うべき、物理フルキーボードが備わっています。
Blackberry Q10 (White ホワイト) RFN81UW 版 SIMフリー 海外携帯
一般的なスマートフォンや普通のBlackBerryも縦長ですが、画像ではこのViennaはより縦長に見えます。

ここまで縦長になったのはOSにAndroidを搭載することが大きく関係していると考えられます。
Androidアプリというのは大抵の場合、一般的なスマートフォンのディスプレイ比率である「16:9」に合わせて開発されています。16:9ではないディスプレイやタブレットなどの端末ではソフト側でスケーリング(比率の調整)も行われますが、完全でない場合もあります。
PrivHero
そこで、Viennaではそのようなアプリの互換性を考慮し、従来のBlackBerryのようなディスプレイではなく、一般的なスマートフォンのディスプレイと同じ比率にしたと推測できます。
デザインを変更してでもユーザーや開発者の利便性を選んだというわけです。
bb-priv-logo
これはBlackBerry Privがユーザーのプライバシーに重点を置き、同社の技術でAndroidにセキュリティを高めたカスタマイズを施していることからも分かります。
>> BlackBerry、Androidを搭載スマートフォン「PRIV」を予告。フルキーボード搭載のスライダー端末の模様

このように、ユーザーのことを考えて開発されるという点においてはAndroid搭載BlackBerryは大いに期待ができそうです。

By: Andrey


ちなみにVienna(ヴィエナ)とはオーストリアの首都ウィーンの英語圏での綴りです。ウィーンは音楽を中心として古くからヨーロッパ文化の発信地として知られています。
ここからBlackBerry Viennaがどのような端末になるか予想しても面白いかもしれません。

BlackBerry Viennaに関しては続報が入り次第、お届けいたします。

source:crackberry

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link