G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

AQUOS K SHF32発表。VoLTEに対応したAndroid搭載ケータイ

time 2015/05/25

aquos-k-shf32-00
auからAQUOS K SHF32が発表されました。本機種では前記種では無かったVoLTEを利用できるのが大きなポイントです。

sponsored link

スペック:見た目はガラケー、中身はスマホ

aquos-k-shf32_smart

AQUOS K SHF32はシャープのガラケー+スマホの「ガラホ」第二弾。前記種SHF31であった専用の料金プランやVoLTE非搭載などの問題を克服した端末です。

特徴としては見た目が従来型の携帯(いわゆるガラケー)なことですが、プロセッサにはSnapdragon400、RAMは1GB、OSにはAndroidをベースにしたものが搭載と中身はスマートフォンそのものです。

中身がスマートフォンと同じなのでブラウジングやメッセージングアプリとの親和性が高く、ガラケーよりも強力なプロセッサの搭載で快適に動作します。

ディスプレイは3.4インチのqHD(960×540)解像度のTFT液晶。ガラケーはFWVGA(854×480)が多いのでそれより高いのはスマホのようにPCサイトの閲覧のためだと考えられます。解像度が従来型の携帯と比べて高いので1つの画面に表示できる情報量も豊富です。

カメラは1310万画素と最新のスマホと同レベルのイメージセンサーが搭載されています。

最近のスマホと同様に4G LTEに対応。プロセッサとも相まって大容量のデータも高速にやり取りすることができます。
LTE回線を利用した音声通話「VoLTE」にも対応。3G回線よりもノイズが少なくクリアという高品質な通話が可能になっています。
前記種SHF31はこのVoLTEに非対応だったことで評判が芳しくなかったことは事実です。

aquos-k-volte

通信面でいえばWi-Fiに対応しているので、自宅や出先に無線LAN設備があればデータ容量を気にせず通信することができます。
スマホではお馴染みのテザリングにも対応。SHF32のLTE回線を利用してPCやタブレットなどWi-Fi対応製品をインターネットに接続することが可能です。

aquos-k-wifi

本体容量は8GBでmicroSDで最大32GBまで拡張することが可能です。

バッテリー容量は1410mAh。従来のケータイに多い1,000mAh前後のバッテリー容量に対し単純に1.4倍の電池容量となっています。
また、自動で電力消費を抑える機能も付いている省エネモードで電池持ちを向上させています。
1.4倍だからといって電池持ちが1.4倍なのかといえばそうではなく、Androidやクアッドコアプロセッサの搭載で電池消費は増しています。電池容量1.4倍、省エネモードをONにして従来のケータイと同等程度といったところでしょうか。

IPX5/7の防水やおサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信などガラケーらしい機能ももちろん搭載されています。

aquos-k-antiwater

独自機能:ガラホならではの機能もアリ

aquos-k-shf32-003

AQUOS K SHF32はスマホ、ガラケー、そしてSHF32ならではの機能もあります。

aquos-k_camera_04

まずカメラではAQUOSスマートフォンのように撮りたいシーンに合わせて、ガイドやメッセージで適切なアドバイスを表示する「フレーミングアドバイザー」や、かざすだけで、英語を日本語へリアルタイムに翻訳する「翻訳ファインダー」も利用できます。

aquos-k_camera_06

スマホのようにスクリーンショットを撮ることも可能です。

aquos-k-screenshot

タッチクルーザーEX

aquos-k-touch

AQUOS Kは中身はAndroidなのでブラウザアプリなどはスマートフォンに最適化していまが、外身はガラケーなので画面をスクロールしたりするタッチパネルなどはありません。

そこでAQUOS Kに搭載されたのがタッチクルーザーEX。
これはキー部分に静電式センサーをタッチエリア内の指の位置を検出。軽く触れて、指を離すタップや指をすべらせて画面をスクロールさせるなど直感的な操作を実現しています。
これはスマホのタッチパネルというより、ノートPCなどのタッチパッドのようなものと思っていただけると分かりやすいです。

これを使うことで画面上にはマウスカーソルのようなポインタが表示され、パソコンのような感覚でサイト閲覧ができます。

PASSNOW

aquos-k-passnow_04

AQUOS Kとタブレットの連携で使い方が広がるアプリ「PASSNOW」も搭載しています。
これには主に4つの機能があります。

1. AQUOS Kへの着信をタブレットに表示

2. AQUOS Kの写真をタブレットに転送

3. タブレットで調べてAQUOS Kで通話

4. AQUOS Kのテザリングをタブレットで操作

その他

aquos-k-menu

シャープのケータイに搭載されてきた機能もAQUOS Kでは備えています。
aquos-k-key
メニュー画面から各キーの下部が盛り上がった、押しやすいクリートラインキー、覗き込みを防ぐペールビュー機能まであります。
aquos-k-Blind

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link