G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Apple、Apple Musicを正式発表!Android向けにもリリース予定

time 2015/06/10

AppleMUSIC

久しぶりのOne more thingはプラットフォームを跨いで…?

Appleは、昨日定額制音楽サービス「Apple Music」を正式に発表しました。

Apple Musicは、GoogleのGoogle Play music unlimitedや今年の3月末まで提供していたソニーが提供していたMusic Unlimitedや日本では提供されていなものの音楽サービス大手のSpotifyに近いサービスで、原型となったのはAppleが買収したbeats社のbeats musicというサービスです。

sponsored link

何故、Appleはマルチプラットフォーム戦略に出たのか?

さて、Apple Musicの概要についてお話する前にAppleが何故、マルチプラットフォーム戦略に出たのかについて簡単に説明します。

従前、AppleはMicrosoft OfficeやInternet Exploler of Macなどのマイクロソフト製品などの例外を除き、Windowsなどの双方でアプリを出すことはありませんでした。

しかし、状況が変わったのは2003年に出たiTunes 4.0です。Appleは、iPodを普及させる為に初めてマルチプラットフォーム戦略に繰り出しました。

その後も、AppleはQuicktime PlayerやiTunesなど自社の製品をリリースし、Macへの移行を促すためにWindowsとMacの双方にリリースしています。

そして、Appleの主力製品がMacからiPhoneに移行しつつある昨今、Appleはなかなか首を縦に振りませんでしたが、Apple Musicをスマートフォン・タブレット向けに、AndroidとiOSで、コンピューター向けに、WindowsとAppleで、リリースすることとなりました。

コンピューターのOS上で、マルチにソフトをリリースしたことはありますが、モバイル向けソフトウェアでマルチにソフトをリリースするのはこれが初めてです。


これまでもKeynoteの場面で、AndroidとiOSを比較することがあり、Appleにとってモバイル戦略の中でAndroidが無視できない存在になりつつあります。

その為、今回のAppleのAndroid向けアプリのリリースは、過去のiTunesやQuicktimeのマルチプラぅとフォーム展開同様、素晴らしい判断だったと思います。

Apple Musicは6月30日に、Windows・Mac・iOSで、リリースされる予定で、Android向けには今秋にリリースされる予定です。

また、Apple Musicに関するCMがApple公式Youtubeチャンネルで公開されていますので、よろしければご覧ください。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link