G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Google、Android 8.0「Oreo」を正式に発表!PIPや通知ドットなどの機能が追加。更にパフォーマンスとセキュリティが向上

calendar

世界中で親しまれるビスケットがAndroidの名称として採用されました。GoogleはAndroidの新バージョン「Android 8.0 Oreo(オレオ)」を正式に発表しました。
Android 8.0ではPIPや通知ドットなど機能の追加、セキュリティやパフォーマンスの向上など大きく進化しています。
本記事ではその一部を紹介します。

スポンサーリンク

Picture in Picture(PIP)

Android 8.0ではピクチャー・イン・ピクチャー機能が追加されました。Google Duoなどのビデオ通話やブラウザに表示されている動画を画面端に表示したまま、他のアプリを操作することが可能になりました。
使い方は再生中にホームキーを押すだけです。あとはAndroid側が自動的にPIP機能を動作させます。

アプリの通知ドット


Oreoからはアプリに新着や未読があった場合にアプリアイコンにドットが点灯するようになりました。
ドットをタップすれば簡単な通知を見ることもできます。
もちろんこの機能が不必要であると思えば、無効化することもできます。

セキュリティ面の強化


Google Play上で配信されているアプリをスキャンする「Play Protect」が採用されます。
有害と判断されれば除去し、既に端末にインストールされている場合でもスキャンすることができます。
この機能はAndroid 8.0から登場しますが、他のAndorid OSでも利用可能になる模様です。

パフォーマンスの向上


Android 8.0では起動時間が今までの半分に短縮されました。
また、バックグラウンドサービスを停止したり、GPS取得を制限することでOS自体の動作を向上させ、バッテリーの消費を抑えることができるようになりました。

>> Android 8.0 Oreo