Google、Android・iOS版Youtubeアプリで60fps動画再生サポートを正式発表。

2015-07-0160fps, Android, iOS, Youtube

By: Andrew Perry

やっと、スマホ版Youtubeでもバターのように滑らかな動画が…!

GoogleはYoutube Creators公式twitterで、Android・iOS版Youtubeで、60fps動画の再生に対応していたことを発表しました。

スポンサーリンク

60fpsって何?

By: jonel hanopol

60fpsという言葉を聞いても、一般的によくわからない人が多いと思うので、簡単に説明します。

fpsという言葉は、一般的にファースト・パーソン・シューティングの略称として使われることもありますが、動画の世界では、frame per Secondの略語として使われています。

Secondの名前が入るように、fpsは単位時間あたりに処理できるコマ数のことを指し示します。

ちなみに、fpsは一般的にフレームレートとも呼ばれます。

今まで、YoutubeではPC版でのみ60fpsに対応しており、Android版ではどんなに解像度が高い動画であっても、30fpsにオミット(制限)されていました。


 

今回の刷新により、スマートフォンや、Androidタブレットでも、高画質で鮮明な動画を楽しむことができるようになります。

特にゲーム機の場合、fpsが違うとトレーラー動画と実際のゲーム画面とで差を感じてしまい、違和感を産んでしまう原因にもなってしまっていた為、今回の変更はある意味吉報かもしれませんね。

最後になりますが、下記の動画で実際に60fps再生を体験できます。宜しければどうぞ。

ソース:Twitter

スポンサーリンク