G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

Acer、ゲーミングタブレット「Predator 8 GT-810」発表!WUXGAにAtom X7(Cherrytrail)と4基のスピーカーを搭載!

time 2016/02/10

acer-Predator8-01
日本Acerはゲーミングタブレット「Predator 8 GT-810」を発表しました。同社はゲーミングシリーズ「Predator(プレデター)」のラインナップを一新し、その第一弾としてゲーミングPCに加え、Androidタブレットとして「Predator 8」を発売することを決定しました。

sponsored link

デザイン:良い意味でタブレットらしくない独特の形状

acer-Predator8-02
タブレットといえば大画面ながらも携帯性を備えるために、その筐体はフラットであったり、若干の丸みを帯びているくらいで派手な装飾というのはそうありません。ですが、Predator 8ではそのようなお決まりのデザインを打ち破るかのごとく独自の形状をしています。
acer-Predator8-03
まず端末の四隅にはPredator 8の特徴でもある4基のスピーカーがこれ見よがしに配置されています。そして、背面は大きく5つのパーツに分けられており、外に向かって鋭く斜め切りされた台形のパーツで構成されています。その中央にはPredatorシリーズを象徴するロゴがプリントされています。このロゴは新たにデザインされたもので、捕食者(=Predator)をイメージしたものだそうです。
acer-Predator8-04
メタル素材があしらわれ、全体的にゴツゴツとしている印象のPredator 8。気になるサイズ(縦×横×厚み)は218×127×8.7(mm)と、意外とコンパクトにまとまっています。厳つい見た目とは裏腹に厚みが8.7mmというのは特筆すべき点でしょう。本体重量は350gとなっています。

スペック:Atom X7と4基のスピーカーを搭載

acer-Predator8-display
Predator 8は8.0インチWUXGA(1920×1200)液晶ディスプレイを搭載しています。
NTSC100%という再現性でモバイルでありながらモニター品質の輝度でのゲームプレイが可能としています。

プロセッサ(SoC)にはIntel Atom X7 Z8700を搭載しています。1.6GHz(バースト時2.4GHz)のクアッドコアCPUとGPUに第8世代 Intel HD Graphicsが内蔵されています。バースト時の2.4GHzというのは大きな負荷が掛かった時に自動的にCPUのクロックを上げる技術が使われており、その時の上限のクロックが2.4GHzというわけです。

メモリ(RAM)は2GBで本体容量は32GBとなっています。
発表時のデータシートではメモリ(RAM)が4GBと表記されていましたが、訂正され2GBということが判明しました。プロセッサに性能の高いものを採用しているのでメモリ(RAM)が下方訂正されたのは少し物足りない印象があります。別モデルで4GBのものが登場することに期待したいところです。
バッテリーは4550mAhです。

無線はWi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n)、Bluetooth、GPSに対応しています。
LTEモデルは現時点では発表されていません。

カメラは2基搭載されており、前面が200万画素、背面に500万画素のCMOSセンサーを採用しています。
acer-Predator8-speaker
オーディオ面ではやはり4基のスピーカーでしょう。端末の四隅に配置した独自の構成をAcerでは「Predator Quadio」と呼んでいます。驚異のバーチャルサラウンドサウンドが楽しめ、ゲーム、映画、楽曲のサウンドで新たな世界を体感できるとのことです。

Atom x7-Z8700(Cherrytrail)とは

acer-Predator8-processor
Predator 8に搭載されているAtom x7-Z8700はCherryTrailと呼ばれるプロセッサです。
これは2014年~2015年に販売されたWindowsタブレットに搭載されたBaytrailの後継製品。プロセスルールは従来の22nmから14nmとなっており、このx7-Z8700はMicrosoftのSurface 3にも搭載されています。
intel-atom-Cherrytrail
Intel Atomプロセッサとしては4世代目に当たり、処理能力や省電力性の向上、多機能化など様々な変更点がありますが、大きな変更がGPUです。
GPUユニットが4基から12基へと増え、グラフィックの処理性能が大きく向上していることが特徴です。

機能:気になるゲーミング要素は?

acer-Predator8-05
ゲーミングタブレットPredator 8はOSにAndroid を搭載しています。Android向けに配信されているゲームにフォーカスしたタブレットといって言いでしょう。

振動機能

acer-Predator8-09
Predator 8は振動機能が付いています。といっても通知用のバイブレーションではなく、リアルな振動を体感できるPredator TacSense デュアル触覚フィードバックを採用しています。 精密に調整された振動発生モーターを2つ搭載することで、ゲームのコントローラーと同じ機能を超薄型タブレットで実現しました。
据え置きゲーム機のコントローラーでは定番となっている振動機能を導入したゲーミングタブレットらしい機能です。

エンタメ設定

acer-Predator8-11
Predator 8にはMediaMasterという設定機能があり、オーディオ設定やビデオ設定をカスタマイズしてプロファイルに保存できます。 映画ではブラックレベルを下げたり、ゲームではコントラストを上げたり、音量レベルを変えたりと、さまざまな微調整が可能になります。

誤タップ防止

acer-Predator8-12
Predator Precision Plus テクノロジーにより、多くのタッチセンサーを画面に搭載したことで、プロレベルの精密なゲーム操作が可能になっているとのことです。
タッチパネルで操作するゲームでありがちなのが誤タップで、それを少しでも改善する機能があることはゲームのプレイに大きく影響してきそうです。

価格・発売日

acer-Predator8-13
Predator 8 GT-810 はオープン価格で、2016年2月19日(金)に発売される予定です。

独特なデザインとAtom x7を備えるハイスペックAndroidタブレット「Predator 8」
価格はオープンということでまた判明次第、お伝えしていきます。

※追記:Amazonにて予約が開始しており、価格が判明致しました。税込み59,184円となっています。Surface 3が8万円台で同じプロセッサを使用していることを考えると妥当か少し安いといえるでしょうか。

source:acer

Acer タブレット Predator GT-810/2GB/32GB/Android5.1
日本エイサー (2016-02-19)
売り上げランキング: 9,952

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link