G-ジェット

スマホ・PC・デジタル家電からwebサービス・アプリのニュースやレビューをお伝えする総合ガジェットサイト

『ソフトバンクモバイル記者発表会』レポート。あの機種もソフトバンクから。

time 2015/05/19

SB_2015summer_title

『ソフトバンクモバイル記者発表会』にて発表された情報を機種を中心にレポートします。

sponsored link

スマートフォンは4機種。LTE対応プロジェクターやデジタルフォトフレームの新型も。

SB_2015summer_lineup

今回発表されたものは以下のとおりです。

スマートフォン

  • XPERIA Z4
  • Galaxy S6 edge
  • AQUOS Xx
  • AQUOS Crystal 2

プロジェクター

  • モバイルシアター

デジタルフォトフレーム

  • PhotoVisionTV2

まずは他社からも発売されている2機種の他社との相違点について。

XPERIA Z4ですが、ソフトバンクから発売されるモデルは両面共にキャリアロゴなし。

Galaxy S6 edgeは32GB/64GBのストレージの選択に加え、ゴールド、ホワイト、ブラック、グリーンの4色で展開。
ソフトバンクがスマートフォンのGalaxyシリーズを扱うのは今回が初めてです。以前よりGalaxy Tab 4を取り扱っていたので予想はできていたでしょうか。

ソフトバンクから発売される2機種について

AQUOS XxはSHARP得意の狭額縁デザイン『EDGEST』により5.7インチの液晶を搭載しながら持ちやすい本体サイズを実現。
液晶は新開発バックライト「S-PureLED」による、美しい高画質を実現。
ドコモのSH-03GやauのSHV32と共通項の多い機種では有りますが、こちらも別の設計となっています。

AQUOS Crystal 2は前機種にはなかったワンセグ、おサイフケータイ、防水などの国内向けの機能を搭載。
こちらもAQUOS Xxと同じく「S-PureLED」による、美しい高画質を実現とのことです。

今回、いわゆるガラホの発表はありませんでした。
その件について宮内社長は質疑応答の際に「少数ではあるが、出していく。ニーズはある。でも、ガラケーは最終的に必要がないもの。スマホを使いたいと深層心理では思っている人が多数いる。スマホのほうがガラケーより優れている。」といった旨の回答をしました。

モバイルシアターは最大120インチのサイズで投影可能で、本体には5インチサイズ(1,280×720)の液晶を搭載しています。
Android4.4.4を搭載しているので各種アプリケーションも利用可能のようです。

Screenshot_2015-05-19-10-24-06

ライブ上で投影されていた画像ですがしっかりと映し出されていました。
LTE非対応でも良かったんじゃないかという気がします・・・

PhotoVisionTV2はワンセグ/フルセグに対応したデジタルフォトフレームです。
wifi経由でリアルタイムでスマートフォンやタブレットからテレビを視聴することや録画した番組を転送して持ち運ぶことも可能になりました。

Y!mobileからSurface3 LTE版が発売!

ymobile_surface3

詳細はマイクロソフトの発表会にて明らかになります。

日本MS、Surface 3の国内発売を正式発表。LTE版はワイモバイルから発売。

その他、発表

プラチナバンドLTEで、エリア大幅拡大

sb-expand_platinumband

モバイル e コマース革命!としてSoftbankスマートフォンからID/パスワード不要でYahoo!JAPANの各サービスに自動でログインできるようになるようです。
また、決済を携帯料金にまとめるようにすることもできます。
より簡単・便利にインターネットショッピングを利用できるサービスですね。

e-commerce_top e-commerce

またポイントサービスについても他キャリア同様に力を入れていくようです。
とはいえ、こちらのポイント加算はSoftBankに契約していなくても適用されると思われます。

yahoo_tpoint1 yahoo_tpoint2

SoftBank + IBM Watson

watson_image

人口知能システムをソフトバンクユーザー向けに2015年度内に提供予定とのこと。
多くのデータと自分に関してのデータを合わせ、より適した答えを導いてくれるサービスのようです。
今回提示されたイメージは病名や治療法を提示してくれるパーソナルドクターになったり、自分だけの健康メニューを提示してくれたり、レベルや理解度を解析し、最適な合格プランを提示してくれるオーダーメイド予備校になってくれるとのことです。
より多くのパートナーと提携しサービスを拡大させていくようです。


特に目新しい物はない感じでしたね。

質疑応答にて「端末で差別化できなくなっている」と言ってましたが、世の中には中華端末を含め多くの端末がありますから、ニーズに応えるものを用意できるのではないかと思います。
各社のフラグシップを取り揃えたところで差別化はできるわけないと思うのですが。

スマホ利用者を増やしたいならサービスで競争するより価格競争していくべきなのではないのかなぁと思いました。

ライブ映像のキャプチャが足りず画像が少なく申し訳ありません。
アーカイブが公開され次第増やしたいと思います。

(5/20 アーカイブが公開されましたのでキャプチャを増やしました。
ご自分で確認したい方はこちらのURLからご覧ください)

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link